幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミネラルって・・・・?
2009年08月07日 (金) | 編集 |
栄養素といわれたらまず頭に浮かぶのが
「ビタミン」「たんぱく質」「カルシウム」
ではないでしょうか!

体はたくさんの栄養素で
体が作られ、働いています。
その中に「ミネラル」もとても
大切なものです。

多量ミネラル
このミネラルのうち、ナトリウム
カリウム、カルシウム、マグネシウムは、
血液などの体液の中で電解質であり、
神経細胞や筋肉細胞に電気的な興奮を伝えたり
情報をつたえたり、筋肉を動かしたりします。

熱いものに手が触れたとき
とっさに手を引きますよね。
これも神経回路を通って
熱いから手を離せという命令が
脳から伝えられるのです。

そんな大事なミネラルを含んでいる食品
は、どんなものがあるのでしょうか!

ナトリウム→食塩、しょうゆ、味噌梅干など
不足すると→けいれん、疲労、日射病ですがほとんど毎回取っているので
あまり心配はありません。

カリウム →玄米、焼き海苔、大豆、ほうれん草、バナナなど
不足すると →むくみ、のどが渇く、便秘、腎不全、食欲不振、脱力感など

カルシウム→大豆、ゴマ、いわし、ちりめんじゃこ、高野豆腐など
不足すると →いらいらする、発育不良、不眠、高血圧、歯ぎしりなど

マグネシウム→玄米、わかめ、アーモンド、インゲン豆、納豆、ほうれん草など
不足すると →不眠症、神経過敏、けいれん、多動、筋力低下など

これらは私たちになくてはならない
必須ミネラルです。
体に変調が出てきたら
最近、食べてないかも??知れません。
もう一度食品チェックをしてみてください。


今日の慣用句
「あごを出す」
意味:疲れ果てる、へたばること

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。