幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬にも五感があるの??
2009年02月06日 (金) | 編集 |
人は五感があります。
感じる人も感じない人も五感があります。
犬にも五感があるそうなのですが
人とは、随分違うようですよ~!

《嗅覚》
人の嗅覚細胞は約500万個
犬の細胞は、約2億2千万個。
《聴覚》
人が20~20000ヘルツくらい、
犬は15~おおよそ80000ヘルツくらい
《視覚》
人は、180度ぐらい
犬は、250~290度ぐらい
《味覚》
犬も「甘い」「しょっぱい」「すっぱい」「苦い」は分かる
《触覚》
犬の敏感なところは、鼻先、口の周り、
耳、しっぽ、足の先など・・

特にすぐれているのは嗅覚で
やはり鼻の形も、長い鼻のほうがいいようですよ
自分の家の犬なら、どこを触られても
いいようにしておくと、
よりコミュニケーションが取れるそうです。

犬は、人に一番癒しを与えてくれる
といわれていますよね。
子どもも触られるのはとても大好きです。
ママの暖かい手で、スキンシップしてあげてください。


今日の慣用句
「無きにしも非ず」
意味:まったくないというわけではない、多少はあるということ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(あなたは、家族の一員である大切なワンちゃんをしつける方法を、普通の指導者から聞きたいですか?それとも、世界トップレベルの指導者から聞きたいですか?)今、あなたがワンちゃんの問題行動で悩んでいるのなら、また今後、ワンちゃんに正しいしつけをしたいとお考え...
2009/02/07(Sat) 08:34:53 |  こんなのでました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。