幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こいのぼり
2009年04月29日 (水) | 編集 |
もうすぐこどもの日ですよね!
今年は、お友達から
「先生、こいのぼりあげたよ~~!」
という報告を受けます。
「いいね~~!こいのぼり」(*^。^*)

3月は、お雛さまを飾るという
報告はちょっと少なかったのですが
こいのぼりをあげる家庭が、
多くなってきたのでしょうか?
それとも、男の子が多いのかな??

でもいいですよね。「こいのぼり」
そうそうこの地域の中学校の前に
小さい川が流れているのですが、
そこに橋がかかっていて、
子どもたちの通学路になっているのです。
その橋にこいのぼりがこの時期
たくさんぶら下がっています。

風がふくと、こいのぼりが泳いで
その中を子どもが通学する!!
なんかほのぼのいい感じですよ~~!
子どもの話し声や笑い声に
こいのぼりも参加したそうです(^。^)y-.。o○


今日の慣用句
「裏表がない」
意味:口で言っていることと実際の行動が同じで一貫していること

スポンサーサイト
かなづち!?
2009年04月28日 (火) | 編集 |
久しぶりにかなづちを使いました。
なぜかというと・・・・
本棚の板が外れる、はずれるのです。

紙は、おもいですよね。
横板が本の重さに耐え切れずに
落ちてきます。

このときのむなしさはなんとも
いえませんが、どうしようもない!
どうすればいいのか・・・??
横板の支えを強くすればいいと
アドバイスを受けて横板の補強に
ねじを打つことにしました。

しかし、かなづちなんて出来る!
と思っていましたが、打つことは出来ても
ちょっとずれると板は割れるし、
なかなか中心に、うまく打てないものです。

こんなにも道具をつかわなくなって
しまった私たちの生活は、経験あるのみ(・_・;)

一応すべてにねじを打ち込み
何とか完成!何枚かは失敗しましたが・・・・。
やっと本の居場所を作ったしだいです。


今日の慣用句
「手を打つ」
意味:必要な手段を講じて事がうまく運ぶようにすること

お手玉!
2009年04月27日 (月) | 編集 |
みなさんはお手玉できますか?
今週は、お手玉の練習をしました。
小さい子どもたちは、お手玉を
投げるところからはじめます。

上にほうりなげることも
まだまだ難しいのです。
前に投げるのは、上手なのですが
勢いがありすぎて
パパ、ママがいた~い!と
叫んでいました。

今では、なかなか身近に遊ばない
お手玉なのですが、
身近にない分、出来るようになるのには
ちょっと時間がかかりそうです。

まずは投げてキャッチすることを
出来るようになりたいですね
みんながんばるぞ~~!!

危ないものを取り除くだけでは
子どもの成長は望めませんよね!!
出来るだけやってみてもいいのでは
ないかと思う今日この頃です。


今日の慣用句
「袋の鼠」(ふくろのねずみ)
意味:逃げることの出来ない状態のこと

いっしょにやって!!
2009年04月24日 (金) | 編集 |
子どもの心の中は複雑です。
季節的なもの、反抗期、気分が乗らないとき、
バイオリズムと言ってしまえば
それまでなのかも知れませんが・・・

Hくんは、4歳の男の子
いつもママと一緒がいいのです。
遊ぶときは一人がいいのですが
取り組みをするのは、ママと一緒がいい!!

ママと一緒だと完璧に終わることが出来る!
これが彼の快感なのです。
ですが、あんまりヒントを出しすぎたり、
横から口出しされると
これもまたイヤなのです。
自分でやり遂げたという思いが
少ないからなのでしょう!!
そのあたりの加減が難しいのです。

今日は、自分でこなせることが多く
ママはあまり口を出しませんでした。
終わってみると、なんか物足りなく
感じたHくんは、半べそをかいて
ママに文句言い始めたのです。
「一緒にしたかった!!」
寂しい思いが噴出したHくんでした。
また、がんばろうね(*^^)v

今日の慣用句
「治に居て乱を忘れず」(ちにいてらんをわすれず)
意味:いつでも万一のときの備えをしておくこと
# むずかしい名前!?!?
2009年04月23日 (木) | 編集 |
歴史人物のなまえ!!
難しいですよね。
また、小さいときと大きくなってからも
名前が違ってきますし、
高い位につくとまた変わったりします。

子どもたちはどれがどの人(>_<)
とわかんなくなりますよね。

聖徳太子(しょうとくたいし)
中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)
推古天皇(すいこてんのう)
中臣鎌足(なかとみのかまたり)
蘇我入鹿(そがのいるか)
これだけ見ても子どもたちは(゜o゜)
いったいだれ?????
という具合です。
たぶんカキ~~ンと名前が
跳ね返っているようですよ!

小学部のお母さん
ちょっとテキストを見て
名前を言ってあげてください。
すぐに馴れてきますので・・・!


今日の慣用句
「絵に描いた餅」
意味:実際の役に立たないこと

# えっ~!いちご~~!
2009年04月22日 (水) | 編集 |
Gくんが、「ねえ、先生今日イチゴを採りに行くんだよ」
と話してくれました。
「えっ、イチゴいいね~~!
 先生もたべたいな~~」というと
「じゃ、先生も連れて行ってあげるよ!!」と
うれしい言葉を返してくれました。

イチゴは、南米チリのバラ科の植物で
1492年にコロンブスがアメリカを発見
した後、ヨーロッパに持ってかえり
品種改良されて今のイチゴが作りだされたようです。

日本には1840年ごろオランダから長崎に
持ち込まれといわれています。
イチゴは豊富な糖分とクエン酸、りんご酸
が含まれており、食前に食べると
胃液を分泌し食欲を増進させ、
ビタミンCや鉄を含むために
貧血を改善し皮膚を美しくし
血色のよい顔色を作ります。

ペクチン・・高血圧予防、改善
メチルサリチル酸・・頭痛、神経痛の痛みを和らげる
その他・・解熱、利尿、風邪や気管支炎に有効

この時期、イチゴをたくさん食べたいですね!!

今日の慣用句
「ウソも方便」
意味:時によっては、ウソも手段として役に立つこと、
また場合によっては、ウソをつかなければならないこともあるということ

# コミュニケーション
2009年04月21日 (火) | 編集 |
この時期、子どもたちも
コミュニケーションするには
大変なときでもあります。

相手がどういう性格なのか
わからないために
いろんな手を使って
相手と話をしようとします。

ちょっとした言葉の行き違いや
捕らえ方の違いによって
傷ついたり、悩んだり
思いを飲み込んだり
戸惑うこともあるかも知れませんが
以外に子どもたちを見ていると
距離を置きつつ、相手の様子を見ながら
うまく付き合っている子が多いようです。

大人もそうですが、子どもも
たくさんの人と接することで
付き合い方のコツを覚えていきます。
小学生のうちは、「6年間同じ学年」
クラスの中には、「6年間同じクラス」だった!
という子もいますよね。
今、教室の中も気持ちが飛び交っています。
2~3ヶ月先には、仲のいいクラスが
出来上がっているのではないでしょうか!!

今日の慣用句
「万難を排する」(ばんなんをはいする)
意味:多くの困難や障害を押しのけて事に当たること
# たくさんある!!
2009年04月20日 (月) | 編集 |
小学生コースが新しくリニューアルしました。
今までと違って内容も
盛りだくさんになっています。

しかし、幼児コースは50分間レッスン
ですが、小学生は90分間で
たっぷり時間があるのですが
自分で考える、書き出す、応用する力は
これからつけていくものです。

4月にはいり、新しいクラス、先生、お友だちと
子どもたちもめまぐるしくなっている時期
ましてや春という元気な季節は
余計に子どもをはじける気持ちに
してくれるようです。

そんな中、できるだけ
テキストに沿ってがんばっているのですが
なかなかすべてをこなしていくには
時間も余裕も必要になってきます。
覚えることも一杯、考えることも一杯な
子どもたちなのです。

もう少し時間がたつとポイントも
つかめるようになると思います。
少々おまちください!ママ!!(^.^)


今日の慣用句
「覇権を握る」(はけんをにぎる)
意味:競技などで優勝すること

短期集中!?
2009年04月15日 (水) | 編集 |
Uくんは、元気な男の子!!
いつも体を動かしておかないと
気がすみません。

限られた時間の中で
集中することはとても
難しいことですよね。
特に子どもたちは、どこからが
遊びで、どこからが勉強か
区別がつかないときもあります。

子ども自身のスイッチが入らないことには、
集中はなかなか出来ません。
集中するのに、あっという間に
集中する子もいれば、
なかなか出来ない子もいます。

そのスイッチとなるもの・・・。
漢字の書き取りでも迷路でも
簡単な算数でもいいですから
自分の好きなものを
最初にやってみると知らない間に
集中力がついていることもあります。
これを繰り返していくと
計算をやった後、考える問題や覚える問題を
簡単にこなすことが出来ますよ!!


今日の慣用句
「出藍の誉れ」(しゅつらんのほまれ)
意味:弟子が先生よりもすぐれていること

戸惑っちゃうね!!
2009年04月14日 (火) | 編集 |
みんな新しい幼稚園、保育園、学校の
クラスには、なれたかな~~!
初めてあう子や前から知っていた子
いろんなお友達がいるね。
人数が多くなるにつれて
自分を出しにくくなってくる。

でも、心配はいらないよ~!
心の中はみんなおんなじなのだから・・
子どもも大人もはじめてのことって
不安だし戸惑うよね。

これは時間が解決してくれるよ!
後は、寂しくなったり
悲しくなったときは、ママに
「今日は寂しいよ」とか
「抱っこして~~!」って
ひとこと言えばいいことだよ

勇気を出していってみると
必ずその後に心がほっと
落ち着いてくる!!

こんな日々がしばらくは続きます。
ママは何気なく
「いつでもママのところに来てね」と
日ごろから言ってあげると
いざというとき必ず子どもは
SOSを出してくれますよ!!

今日の慣用句
「歩調を合わせる」
意味:複数のひとが、同じ目標などに向かって統一的な行動をとること

テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
これって面白いね!!
2009年04月13日 (月) | 編集 |
1~2歳のお友達は、
マイペースでレッスンをこなして
いく子どもが多いです。
子ども時間は、子ども自身が一番
わかっているのです。
この頃は、時間もゆっくり
ながれているものです。

あせっているのは中学生、高校生、
大人なのかも知れません。
そんなことはよそ目に
着々と自分の時間を過ごす子どもたち!!
取り組みもマイペースにこなしていきます。

そして、夢中になるものも
「え~~、こんなものに・・・」
というものが結構あります。
それはとても単純なものです。

先日は、瓶の中ブタに小さな穴
があいているものを用意して
そこに棒をどんどん入れていく!!
遊びをしました。
1才ぐらいだとまだまだ小さい穴に
物を入れるということは
なかなか難しいのですが、
出来るようになると
それがおもしろくて仕方ありません!!
子どもたちは、何回も何回も飽きずに
やろうとします。
その集中力はすばらしいです。
単純なものって以外にたのしいですよね!!
子どもが夢中になるもの
見つけてあげたいですね!(^_^)v
今日の慣用句
「名実ともに」
意味:評判だけでなく、実質も十分備わっている様子のこと

テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
一年生はたいへんだ!!
2009年04月12日 (日) | 編集 |
4月から小学1年生になったお友達は
小学生コースになります。

これからは、ママが教室に入らずに
先生と生徒だけで
90分間やっていきます。
開放感があるせいかなのか
子どもたちは、元気一杯!
話も一杯、やることも一杯!です。

しかし突然、時間も長くなるせいもあってか
うろうろしたり、他のことが
気になったりして、
取り組みをするどころではありません。

みんな4月はこんな感じですが、
だんだん集中して出来るようになってきます。

不思議と頭だけで覚えるよりは
体を動かしながら覚えるほうが
より記憶力は増していきます。
つまり体も頭もひとつのことに
集中できるせいなのかも知れませんね。

たとえば、覚えた文章を
ジャンプしながら発表する子
もいますし、体をゆらゆら揺らしながら
言う子もいますよ!
心配しなくても、落ち着いてくると
やらなくなります。
心が落ち着いていないのかも知れませんね。
大きな気持ちでちょっとまってあげても
いいかも知れませんよ~~!

今日の慣用句
「杓子定規」(しゃくしじょうぎ)
意味:形式にとらわれて、応用や融通がきかないこと

金の風???
2009年04月10日 (金) | 編集 |

今月の美しい日本語は
中原 中也の「早春の風」です。

けふ一日また金の風
大きい風には銀の鈴
けふ一日また金の風

というところがあります。
子どもたちに「金の風」って
どんな風かな?と聞いてみると
「う~~ん、わからん!?」
という答えが返ってきました。

それじゃ!
「今日の風の色はどんな色??」
と聞いてみると
「しろのかぜ」
「水色のかぜ」
「くろのかぜ」
「みどりのかぜ」
といろんな色が飛び出してきます。
春の風ってこんな色に感じられるのでしょうか??

子どもたちも敏感に季節を
感じ取っているのでしょうね!!
かわいいですね(^.^)


今日の慣用句
「心を傾ける」
意味:情熱を抱いて、ひとつのことに心を集中すること

しんぱい!!!
2009年04月09日 (木) | 編集 |
入学式がそろそろですよね!
ママの心配事も増えていませんか?

入園、入学したらやっていけるのだろうか?
お友達は出来るのかな?
先生のいうことをちゃんと聞けるのかな?
勉強はできるかな?
共同作業は出来るかな?
給食は残さずたべられるのかな?
など考えたらきりがありませんよね。

子どもたちの順応性は、とてもすぐれています。
でも中には、どうしても打ち解けない
子どももいますが、時間とともに
ちゃんと出来るようになってきます。

最初の2~3ヶ月は、よく話を聞いたり
子どもの顔を見て判断したり
ぎゅっと抱きしめてあげることが
とても重要になってくると思います。
この2~3ヶ月はとても大事です。

あとは、行動や言動が
乱暴になったときや顔に笑いがないとき
涙もろくなっているとき
ボ~とする時間が時々ある時
いつも家でごろごろしているときなどは
ちょっと声をかけて、気分転換や
散歩に出かけてみる、一緒にスポーツなど
出来るといいですね!!
夢中になった後は、気分がすっと
落ち着いてきますから
もしかすると、話すきっかけに
なるかもしれません・・・。
今日の慣用句
「尻馬に乗る」
意味:無批判に人の言動に従い、同調して行動すること
変化している!?
2009年04月08日 (水) | 編集 |
私たちの体や心は環境によって
すごい変化をしていきます。
苦しければ苦しいなりに、楽であれば楽なりに
その状況にあわせることが出来るのです。

だんだん、キレイ好きな私たちにも
多少の障害がでてきています。
キレイすぎると、すべてのものに
抵抗できない体になっているのも現実の話です。
でもこれは環境問題が大きな
原因に挙げられると思います。

今年は黄砂も長く、量も多いようですし
症状も様々です。
そして、体を目覚めさせる「春」なのですが
春のものは刺激も強いものもありますので
今まではどうもなかったけど
今年は体に変調がきたす人もいるようです。
私も春の食べ物を食べると
今年はなぜかジンマシンになり
食べている途中からポリポリ掻いていました。

子どもたちは小さいために
余計反応する子もいますので
ちょっと注意しておいてあげると
いいかも知れません!!


今日の慣用句
「指呼の間」(しこのかん)
意味:指さして答えるほどの距離のこと

素直だね~~!
2009年04月07日 (火) | 編集 |
子どもたちと毎日接している人は
子どもの素直さに惹かれている!!
人もいるかも知れません。

子どもってものすごく素直ですよね。
間違いは間違いと正し、
自分の違いにはちゃんと謝る子どもは
多いですよね!!

これが「これでいいんだ」とか
「自分が一番」と思っている子どもも
いますが、すべての面において
そういうわけではありませんよね。

どう転がっても子どもは子どもです。
みんないい子です。
そこを大人の判断でどう間違いか
正しいのかを教えていくだけです。

もしかすると、大人が間違っているのかも
知れませんよね。
でも、いいのです。子どもはそこで
「矛盾」を感じて成長していくのですから・・・。
「矛盾」感じることってとても大切で
その子を成長させてくれます・・。

たまには、矛盾を説き聞かせるより
考えさせることもひとつの手ですよね!!
矛盾のことを投げかけてみると
どういう反応が返ってくるか
見てあげることも大事な役目です。


今日の慣用句
「公然の秘密」
意味:表向きは秘密とされていても、実際はすでに知れ渡っていること


元気はつらつ~~!
2009年04月06日 (月) | 編集 |
桜が咲き始め、先週より見ごろを迎えました。
昼間は、お弁当をもった親子連れが
シートを広げて、お弁当を食べています。

日本人は「愛でる」ということを
知っていますよね。
春は桜、秋は月、そのほかにも
みどりや水、花など自然を
うまく自分たちの中に取り入れています。

この方法が一番、日本人にあった
リラックス法なのかも知れません。
こんな桜のいっぱい咲いていると
なぜか子どもは元気になってきます。
去年まではそうなかったのですが
教室の前の公園で、最近よく
子どもたちや大人の人が
野球や、ストレッチ、リフティング
しにやってきます。

今日も小学生の子どもたちが
野球をしに来ていました。
ボールが飛んでくるのを
ちょっと心配しながら
眺める日々が続いています。
元気をいっぱいもらえるといいですね!!


今日の慣用句
「毒にも薬にもならない」
意味:害にもならない変わりに、役にもたたないということ

慣れるということ!
2009年04月04日 (土) | 編集 |
新学期が始まります。
新しい学校、お友だち、先生
になりますよね。
とても楽しみなのですが
知らないうちにストレスも
たまっていきます。

そのストレスをどう解消していくか?
ストレスはどんどん変化します。
時、状況、自分の心の持ちようで・・。

人は、馴れてくるとストレスを
感じなくなってきます。

そのストレス克服の典型は慣れることです。
人前で発表することも
人と話すことが苦手な人も
自分の意見を言えない人も
たくさんこなしていくうちに
慣れてきて、緊張することが
なくなってきますよね。

そうなると、ストレスは
だんだんなくなってきて
それが当たり前になってきます。
これが一番の克服法です。

勇気を出してやってみる
これが強くなる第一歩!!!
子どもがストレスをためる時期
一言ママの励ましと勇気を
あげてください。
すぐに、なれることが出来ると思います!

今日の慣用句
「瘧が落ちる」
意味:熱病による高熱が引くように、われを忘れて熱中していた状態から急激にさめ、
   冷静な状態にもどること

え~~、離れるの!
2009年04月03日 (金) | 編集 |
いよいよ4月になり、小学生の
新しいコースが始まりました。
90分という長い時間、
ママのいない教室で
お友だちと一緒に学んでいきます。

さあ、どうかな!?とママたちも
不安が一杯です。
子どもたちも、一人で大丈夫かな?
長い時間できるかな?とドキドキもので
ママと別れるとき、ちょっとだけ
わがままを言ったりしますが・・・

「案ずるより産むが易し」
というように、やってみると
ぜんぜん平気なものなんですね!!

ママがいなくても、長い時間だろうと
今までと変わりなくこなしていきます。
その変わり、今までと違って
自分で考えて解いていく、覚えていく
ことがたくさんありますので、
いつも自分との戦いになってきます。
くじけるのも、投げ出すのも自分の意志です。
横で応援してくれるママはいないのですから・・
がんばれ~~!新一年生!!(^o^)丿


今日の慣用句
「側杖を食う」
意味:自分とは無関係なことによって災難をこうむること


ねむいな~~!!
2009年04月02日 (木) | 編集 |
春は、なんとなく眠くなる季節??
午前中でも「ねむたいな~!」
オーラがどんどんでています。

特に、カードを見た後は
脳波が下がって、リラックスするためか
子どももママも眠たくなってきます。
本当はとてもいい状態なんですが・・!

一番頭に入りやすい状態ですが、
やる気も少しなくなってきます。
なんせ眠たいのですから・・・。

ママとの会話・・・
「ねむたいの??」
「・・・・・!?」無言の子ども
「やる気ないみたいだけど・・」
「もうちょっとだからがんばって!」
と励ます声が聞こえます。

ママも応援ありがとうございます。
もう少し春に馴れてくると
だいぶんねむけもさめてくる
と思うのですが・・・。
春は、ファイト\(◎o◎)/!
の季節ですね。


今日の慣用句
「縁起を担ぐ」
意味:小さなことでも縁起がいいとか言って、そのことを気にすること
微笑の裏側
2009年04月01日 (水) | 編集 |
私たちは、知り合い同志だと
違和感なく笑顔を向けることが出来ます。

ひとつの笑顔といっても、
いろんな笑顔がある~~(*^。^*)
でもなかなか笑えない人もいます。

また、顔は笑っていても
本当に笑っていない人もいます。

Sちゃんは、何気ない笑顔を
することが出来ません。
他の人が「にこっ」とする
笑顔に答えられないのですが、
だんだん笑顔をつくれるように
なってきた今日この頃です。

それは、相手を不愉快に
しないためなのか、
自分の気持ちが笑顔なのかは、
定かではありません。
でも、笑うということは、とても大事
なことですよね。
Sちゃんには心のそこから
笑うことが出来るようになって欲しいです。


今日の慣用句
「そろばんを弾く」
意味:損得を考える、計算すること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。