幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目が違う!!
2008年03月31日 (月) | 編集 |
犬ぞりを育てている人の
話を聞いてみると
生まれてすぐにこの犬は
リーダー犬になるぞ!というのが
わかるそうです。

それはどこを見てわかるのかと
言うと『目』だそうです。

『目』がしっかりしていて
輝いている犬は確実に
リーダーのなるのだそうです。

それは、人にも言えることで
『目』はとても大事です。

たとえば、小さいとき、
何も教えていない子や
ママとのコミュニケーションが
少ない子は、目の輝きが
どこか鈍っていますが、
いつも、活発に動いている子や
たくさんスキンシップをした子は
目からはじけるような輝きを
持っています。

子どもって、病気するとすぐ分かりますよね!
なんかきつそうな、どろっとした目をしています。

やはり、生き生きした目が一番!!
いつもはつらつした目でいられるように
してあげたいものですね!!
        \(◎o◎)/!
スポンサーサイト
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
子どもの才能を伸ばす環境!
2008年03月29日 (土) | 編集 |
あの論語の『孟子』の
お母さんのように
『お墓』の近くから『市場』へ
『市場』から『学校』へと
環境を変えなければとは
言いませんが・・・・。

子どもの才能を伸ばすのに
環境もその要因の一つかも知れません!

でも、人はそういうわけにはいきませんよね!
だいたい、親の拠点で子どもは
育っていくわけです。
その子どもにとって身近なものが
才能を伸ばすことにつながって
いくのではないでしょうか?

たとえば、
音楽家や画家や小説家
また議員、スポーツ選手など
親がやっているか近くに
そういう人がいたか!
によっても違ってきます。

それはもう『縁』に近いものがありますよね!
ママのお腹にいたときからはじまっています。

ママのお腹の中で、
クラシックを聞く、絵を見る、
などの情報を得たり
小さいときから見て、触ることによって
その子の潜在意識に入っていきます。

「蛙の子は蛙」なんてことわざがあります。
それは、身近にそういう環境があったのです。
小さいときから見て、育った!
手本があったのですよね

その環境はとても大事だと思います。

もし、親がこれをやらせたいというのなら
子どもをその環境の中に入れなければなりません。

そういうママもいらっしゃいます。
それも一つ手段ですね。

でも、苦なくその環境があるのなら
それが一番かも知れません。

人には、それぞれ役目があるといいます。
自分の身近な環境やめぐり合わせにより
人生が決まっていくことは
ごく普通のことです。

可能性のチャンス、めぐり合えたら
いいですね!!   (●^o^●)
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
飽きちゃうよ~~!
2008年03月28日 (金) | 編集 |
子どもはすぐに飽きてしまいます。

自分の興味のないもの!
パッと見ておもしろくなさそう!
と思うものは、やりたくないという
気持ちでいっぱいになります。

一つのおもちゃを出して
面白いと思う子もいれば
おもしろくないと思う子もいるのです。

では、おもしろくないことを
いかにおもしろくするかも
親にかかってきます。
なぜなら、子どもに付き合って
くれるのは親しかいないからです。

つまりはいかにモチベーションを
あげられるかということです。

おもしろくないことを
いかにおもしろいように
誘うかが決めてになります。

ということは、ママがおもしろくないと
思わないでくださいね!
面白いということを
ありったけの言葉で表現してみてください。

必ず、子どもは乗ってきて
その気になります。

まずは、乗せてあげて褒めると
きっと成功しますよ(^o^)丿
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
子どもとの距離
2008年03月27日 (木) | 編集 |
会話をするとき
必ず、相手と向き合います。

思い出してみてください。
パパと話すときはどのくらいの距離?
宅急便の人とは?
知らない人とは?
自分の子どもとは?
みなさんどのくらいの距離をもって
話していますか?

その距離によって
親密度は変わってきますよね!

特に子どもとは
子どもとの目線まで降りて
顔を見ながら
肩を抱き寄せながら
手をつなぎながら
話しますよね!!

より親密度があがりますし
ママの肌からのあたたかさや
ママの感情が子どもに
伝わります。

日々そうして暮らしていくことで
より親子関係も深まり
愛情もたくさん出てきます。
距離って大事です。

子どもにとってのママとの距離は
生きていくのに必要なもので、
会話やスキンシップがなければ
心が育たないのです。
生きていくことは困難になります。

子どもに近づいて
目を見て、肌を触れ合って
子どもと接してください。
特に6歳までは・・・・!

よそ見しないでくださいね!
その思いが子どもに伝わりますから。

テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
頭の中に組み込もう(*^^)v
2008年03月26日 (水) | 編集 |
今までは、平面的なものが
主流になっていましたが
ここ数年、立体的なものが
流行っています。

たとえば、
♪ジグソーパズル(クリスタルパズルなど)
♪折り紙(折り紙パズルなど)
♪ブロック(アイクリップなど)
など、どれも3Dのような
立体的なものがたくさん
発売されています。

普通、なかなか立体的に考える
ことが出来ない人には
もってこいのおもちゃです。

子どもたちは、最初戸惑いもあるものの
少し時間をあげると
簡単に作っていきます。

一番難しいのは3Dのブロックパズルで
ハートの形や白鳥やダイヤモンドなどがあり、
どのパーツを組み合わせればいいのか
わからないのです。

これをつくれると、本人にとっては
とても自信になり、何でもこなせる
という感覚になってしまいます。

こういうパズルには必ず
パターンがありますから
一つだけではなく
何個か続けて作ると
そのパターンがわかるようになり
頭の中につくり方の方法が
しっかり組み込まれることになります。

「くりかえす」ことは
とても大事な作業です。
これによって、絶対に忘れない
記憶として残っていきます。
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
胎教をしてみると!?
2008年03月25日 (火) | 編集 |
お腹に赤ちゃんが入ると
女性はいろいろ変化が起こります。

気をつけることがたくさんありますし、
やめなければいけないこと
今までは大丈夫だったけど
どうしても受け付けないこと
などがでてきます。

でも、環境や意識を変えなくても
いい方もいらっしゃいます。

たとえば、もともと
※コーヒーは飲まない
※タバコもお酒も飲まない
※あまり肉を食べない
※野菜中心のおかず
※食材にこだわっている
※水にこだわっている
※添加物、農薬は極力避ける
※ちょっとの時間でもリラックスできる
※ストレスをためない
すばらしいですよね。

パパも協力的で、いつもニコニコ家族!
いいな~~!と思っているママ
いらっしゃいませんか。

でも家族それぞれの形があって当たり前です。
いろんな家庭があってもいいですよね。

私も見習う点がたくさんです。
楽しい一家を作りたいものです(●^o^●)
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
いきいき脳フェスタ
2008年03月24日 (月) | 編集 |
昨日、「いきいき脳フェスタ」に
来ていただいた、子どもたち保護者の方々
どうもありがとうございました。

私は、主に講座を聞かせていただきました。
やはり、講座は生で行いますので
そのときの情報や雰囲気のようなものが
そのつどそのつど違ってきます。

皆さんがクラシックや歌手のコンサートに
何回もいかれるように
講座も生のおもしろさがあります。

今回、短い時間の中で4人の方の
お話がありました。

やはり、これからのものである
内藤 貴雄さんのお話は目だけでなく、
身体も心もつながっている!
そのために何をしなければいけないのか
という話はとても参考になりました。

私たちの身体はすべてがつながっていて
どれもパーツパーツでは
切り離して考えることは不可能に近いのですが
実際の医療機関では、分業になっています。

ちょっと考えれば、胃の痛みも
もしかしてストレスから来ているのかも
知れないし、ただの食べすぎかも知れない!

これは、身体全体、心を見なければ解決しません。
実は、これを見逃しているのかも知れません。
もう一度、すべてを見れる目を持ちたいものですよね!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
文字を書く!
2008年03月22日 (土) | 編集 |
「もじ」っておもしろいですよね。
形もいろいろで、バランスを
とるのがむずかしいです。

書くことに興味を持つのは
早い子で1歳半ぐらいからです。
だいたい2歳ぐらいになると
書きたいという気持ちが出てきます。

それも、消せないもので
書きたがりますよね。
たとえば、ボールペン、マジック
サインペンなど消せないものが
大好きです。

2歳ぐらいになると
筆圧もしっかりしてくるのですが
書くのが苦手な子とか
細かいことが嫌いな子は
なかなか指先に力が入りません。

まず、まっすぐな線を描くことは
なかなか難しいことです。
「手に力がないな!」と
思ったら握る練習をしてみてはどうでしょう!!

たとえば・・・
♪洗濯ばさみでものをはさむ
♪ボールを握って投げる
♪リングつなぎをする
♪ボタンをかけたり、はずす
♪細かいものをビンの中に入れる
♪つなげることの出来るブロックをつなぐ
♪楽器を弾く
など、手先を使う練習をすると効果的です。

そうでなくても、手を使うことで、
脳の活性化につながってきます。

しっかりした筆圧と書く楽しさを
教えてあげましょう!(^o^)丿
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
ストレス解消!
2008年03月21日 (金) | 編集 |
先日、小学生がレッスン中
「先生、イライラする!!」と一言。
「何かあったの?」と聞いてみるも
対して理由が見つからない!
「どうしたのかな?」とおもいつつ
先へ、先へ進もうとする私に対し
子どもたちは違う方向へ進もうとする。

集中力がなかなか入らない!
とうとう限界まで来て、
「それじゃ、これからストレス解消しよう!!」
といいながら、みんなに風船をくばった。

「ねえ、先生どうするのよ!?」
「いいから大きく膨らませて!!」というと
みんな一生懸命ふくらます。

そして、空気の入り口をしばったら
縛ったところを握って、
相手の風船を割る「ゲーーーム!開始!」
の合図にみんな持っていた風船を振り回して
相手の風船を割りにかかります。
そのうち、教室中を動きながら
自分の風船を守りつつ
相手の風船を割る!!

もう、なりふり構わず一生懸命です。
すべてをわすれて、ギャーギャーと
お腹の中から声を出していました。
結局、風船は割れませんでしたが
一発でストレス解消です!!

みんなぜーぜーいいながらもすっきり様子!!
たまには、家族みんなでいかがですか
楽しい風船わり・・・・!(^o^)丿
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
春休み!
2008年03月20日 (木) | 編集 |
卒園式もそろそろ終わり、
春休みがやってきます。

子どもたちはとても楽しいのですが
ママたちには、何かと大変です。

でも、今年はみなさん計画が
あるようで、外出の計画が
着々とたっているみたいです。

こんなときこそチャレンジ!!
*一緒に釣り、イチゴ狩りなどに行く
*一緒に掃除をする
*料理を作る
*遊園地に行く
*博物館、美術館に行く
*パズルをする
*花を植える
*虫探しに出かける
*図書館に行く
*絵をかいたり、文字を書いたりする
*休憩日をつくる
など、子どもと思いつくものを
すべて挙げてみます。

そして、出来るものと出来ないものに分けて
日程を組んでいくと、実現可能になってきます。

外で遊ぶ楽しさやルールを守って遊ぶ楽しさ
を学ぶ絶好の機会です。
マナーやおとなの中でのルールを
教えることも必要なときですよね!
楽しい春休みを過ごしてください(●^o^●)
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
ころび方
2008年03月19日 (水) | 編集 |
先日、テレビの対談を見ていてところ
あのアイススケートの高橋 大輔選手が
話していた一言ですが
彼は、怪我が少ないらしいのです。

すると一人が「なぜ、怪我が少ないのですか?」
という質問をしました。

高橋選手は一言
「小さいときに、ころび方を教わった!」
というのです。

なんにでもコツというのは
あると思うのですが、
ころび方にもコツがある!!
何気ないちょっとしたコツだと思います。
そのときは、具体的にこう転んだらいいとは
話していなかったのですが・・・・。

確かに、今の子どもは自己防衛には
少し欠けるように感じられます。

良く聞く話に『頭から突っ込んでいった』
『そのままぶつかった』とか
『よけることをしない』と聞きます。

顔、頭、身体を守るために
どうすればいいのか!

大人だったらどうします?
まず、手をついたり、
足でふんばったり、
顔を避けるのに身体をひねったり
いろいろがんばってみますよね
子どもにも「こう転ぶのよ」
「頭と顔、体はできるだけ守って」
と教えてあげたほうがいいですね。

どうしても頭の重い子どもは
たくさん転びます。
上手に転ぶことが出来ると
怪我もグッと少なくなりますよね!(^^)!
やぶく!
2008年03月18日 (火) | 編集 |
みんなは紙を破ったことがありますか?
最近は、紙質が良かったり、
ものを破くという行為はちょっとね!
というパパ、ママには
酷かも知れません!!

一番嫌がられるのが、
散らかるからですよね。

でも、紙をやぶくって
以外におもしろくて
ストレス解消になったり
おもしろい形が偶然出来上がって
想像することが楽しくなってしまいます。

一番楽なお掃除法は、
出来ればフローリングなどの
板の間でやぶいてみたり、
遠足シートのようなものを敷いて
動かないように固定し
かならず、すべるので靴下を脱いで
その上でやぶくのが、後のお掃除が簡単です。

やぶくのは、とてもたのしいですが
子どもと一緒に片付けるのが基本です。

手の上にやぶいた紙を乗せて、捨てに行ったり
箱を、トラックに見立ててつめたり
花びらに見立ててもいいですし、
お弁当を想像して詰めてもいいですよね!!
それを、ゴミ箱に捨てに行く!

また、サンタさんのようにプレゼントを
想像して大きな袋につめていくのもいいですね。
最後に、
気に入ったものは、ノートなどに
貼ってみるのも、いい思い出になりますね(*^。^*)

テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
子どもの事故
2008年03月17日 (月) | 編集 |
世の中は危険がいっぱい!
でもその危険が一番多いのは
家のリビングが1位
お風呂が2位、外が3位だそうです。

どういう事故かというと
*熱いものを触わる
(入れたてのお茶、炊飯器の湯気、ポット)
* ころぶ
(つかまりだちですべったり、ころんだり)
* 手をはさむ
(ドアや戸に手をはさむ)
が一番多い事故だそうです。

1位、2位は気をつければ
防げるものがたくさんあります。

私の場合は、
リビングにはテレビ台とテレビ
床にすわるようにしていたので、
敷物、重たいテーブル、ソファだけでした。

LDKのお部屋だったので、必要なものは台所に!
高さ1m30cmぐらいの食器棚の上に
電話、小物は2、3段のケースの中に入れて置く
ポット、炊飯器など子どもの手届くところには
何も置かないようにしました。

殺風景ですが、何も飾らなかったです。
よく、出入りする扉は、開け放っていました。
もちろん、トイレも・・・!(特に後追いが始まる頃)

これでも事故は起こりますから、
ママの後ろに目があるかのように
アンテナをいっぱい広げていましたね!!

でもちょっとしたことで転びます。
ママが間に合わないこともありますから、
ころぶ様子を見られると、どのぐらいの強さで
打ったかがわかりますし
後の処置が出来ますよね。

ちょっとママが作業するときなどは
歩行器なんかあると便利ですよね。
作業の間だけ、はいってウロウロ・・!
転ばないし、つばがついているので
狭いところにははいらないし、
ある程度の範囲しか動けないので
ママが掃除のとき、料理を作っているとき
などはとても助かります。

そして、危ないことは
何度も何度もいって聞かせたり
熱いことを実際に見せたり、
少し熱めのものを触らせたり
して確かめさせていました。

少々に怪我は、本人にとって
経験という勲章なのですが
大きい怪我になると
大変ですので、出来るだけ
予防をすることが、
事故を防ぐ一番の手立てたと思います!

ちょっと気を配るだけで、激減します。
事故を予想できるものは、極力避ける!!
「これぐらいは大丈夫!!」は命取りです。
子どもを守れるのはママですから・・(^^♪
パパも、ママも・・!
2008年03月15日 (土) | 編集 |
先日、クリップブロックの話をしました。
その後、だんだん子どもたちもなれてきて
自分なりのものを作ってくれるようになって来ました。

クリップがたくさんあるので
ママたちも興味津々です。

説明書を見ながら、
基本の形を作っていきます。

どうつなげるのか?
どうしたら動かすことが出来るのか?

いろいろ試しているうちに
ママからいろいろな意見の声が・・・
「面白いですね」
「こんなブロックがあるって知らなかった!」
「つなぎ方もいろいろある」
「最後のつなぎ方はどうするの」
「イメージしたとおりにつなげない」
「私も買って、もっと作りたい!」
「大人がはまりそう・・!」
なんてご意見どうもありがとうございました。

おもちゃって、面白ですよね。
大人でも十分楽しむことが出来ます。
やらないとイメージはわいてきません。
今回も車、動物、恐竜、上がり目下がり目
ベビーカー、乗り物などなど
たくさんイメージして作ってくれました。

これからまだまだいい作品が作れそうです。
子どもも大人も夢中になれるってステキです!(*^。^*)
自分で考える2
2008年03月14日 (金) | 編集 |
先日、小学生とレッスンしているときに
生徒:「先生、ヒントちょうだい!」
先生:「答えはね、陸の昆虫よ」と答えました。すると
生徒:「陸ってなに?」
先生:「知らないの?」
生徒:「うん、知らんよ!」
先生:「水のない土の上のことよ」
それでも答えがわからないのか
生徒:「もう一回ヒント!」
先生:「それじゃね、虫よ」
生徒:「虫ってなん?」
先生:「ほんとにわからないの?」
生徒:「ほんとにわからんもん!!」
先生:「そんなことないよ、虫キング大好きじゃない!」
生徒:「それは、カブトじゃん」

うん???つまりカブト以外は虫ではないのかな?

ちがう、考えていないのですよね。
部分、部分ではわかるけど
全体を考えていない、流れを把握していないのです。
とにかく考えることをしないという
この状態は、今の小学生によく見られます。

成長の段階のどこかで
自分で考えることをしなかったのか
出来なかったのか、
とにかく、ヒントなしで答えが出ない。
これは、困った現象です。

「考える」ことの楽しさを
子どもたちが知らないのです。

考えて解ける快感を
あじあわせることも
子どもには必要です!
待ってみるのも一つの手ですね(*^^)v
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
自分で出来ること!
2008年03月13日 (木) | 編集 |
子どもがだんだん大きくなると
自分で出来ること!
自分で考えること!
が大切になってきます。

何も知らないうちは
「教える」ということが基本です。

でもある程度、知識が入ると
「自分で出来る」「自分で考える」
という意思行動が表れてきます。

自分でやる、考える時期を
見極めることは、簡単ではないですよね!

この時期、出来ること、出来ないことが
絡まって、なかなか判断しにくいです。

でも、子どもって自分がわからないときは
必ず「ママ、わからない、知らない、」とか
「ママ、どうして?」などの言葉がでてきます。
ということは、ちゃんと疑問を持つということです。

知らないことは、教えればいいのです。
でも、知ってることを何度も
繰り返さなくてもいいのではないでしょうか?

すると、自分で考えて、
わからなければ聞いてきます。
そのとき、答えればいいんですよね!!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
クリップ?!
2008年03月12日 (水) | 編集 |
すごく面白いブロックを見つけました(^^♪
見た瞬間、これはうけると思ったのです。

子どもたちの反応が楽しみ(*^^)v
さて、このブロックはクリップというか
洗濯ばさみといったほうが
イメージしやすいと思います。

はさむところに凸と凹があり
これをうまくかみ合わせると
はずれにくく、上下にクリップを
動かすことが出来るすぐれものです。

私は、一目見たとたん
このクリップブロックの
とりこになってしまいました。

わくわくの気持ちで、出してみると
いろんな反応が返ってきました!!

小学生はいまいちイメージできなくて
なかなか形にならないようです。

一番喜んで作ってくれたのは
3,4,5歳の子どもたち・・・。

でも、まだ使い方もマスターして
いないので、これからアイディアが
たくさんでてくると思っています。

どんな風に作っていくかは
子どもしだいです。
可能性と好奇心に期待したいですね!!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
目を大切に!
2008年03月11日 (火) | 編集 |
最近の子どもたち、
目の悪い子がおおいです。

早い子で、5~6歳ぐらいから
視力が悪くなり、小学校2年生になると
もっと悪くなる子もいます。

いつも発見が遅れるのですが
いくらママでも、子どもの目に
なれるわけはないのでわかりません。
なので、気づかないことが多いです!

ましてや遠視、乱視なんかは
もっとわかりづらいです。(~_~;)

子どもの行動を見たとき
たとえば、
段差がわからなかったり、
高いところから飛び降りるのが苦手だったり
平均台のようなところを歩きづらかったり
など、なんか変だなと思ったら
一度検査をしてもらっても
いいのではないでしょうか!

今、目を酷使するものがたくさんです。
子どもたちは、夢中になって
目の疲れがわからなくなるくらい
たくさん使ってしまいます。

「ほどほどがいいのかも」知れません。
集中するときと休むときを
うまく出来るようになると
いいのですが・・・。(^。^)
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
ライバル登場!
2008年03月10日 (月) | 編集 |
先日、初めての子同士で
レッスンをすることになった日。

二人とも「恥ずかしい!!」と
いいながらやってきました。

「大丈夫、お互い素直ないい子だから」と
励ましつつ、顔合わせ!(*^。^*)

とても緊張しているので、
じゃ、ゲームでも・・・・。
といって3Dパズルを始めました。

一人の子は作ったことのある子
もう一人はまだ作ったことがない子
このパズルは取っ掛かりが難しいです。

作ったことのない子が「わからない!」
というと「ピースを一つ選んで組み合わせてみて」
と作った子がアドバイス。

なかなかうまく行かず、お手伝い。
初めて顔を合わす二人でも
なんかうまくいくものですね!

でも100マス計算やプリント類は
どっちが早くできるか競争です。

とにかく、日頃の実力を発揮するとき!
お互いが刺激しあっていい感じです。

たまには、いろんな人とやってみるのも
違いがわかっていいのか知れませんね!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
雑貨店はどこ~~?
2008年03月08日 (土) | 編集 |
先日、Nちゃんに紹介してもらった
雑貨店を目指していきました。
探すときは、不安も伴って
目的地になかなか進まない
ものですが、今回ビルすべてが
雑貨店だったので、すぐに見つけました。

雑貨、文房具ってなんか
わくわくしますよね!
見ているだけで2~3時間は
あっという間に過ぎていきます。

特に文房具、おもちゃ関係の階に
来ると、しばらくそこに居座っています。

折り紙、紙、ペン、色鉛筆、絵の具
和紙、筆など一つ一つ眺めていきます。

実は、文字の魅力にはまっている私は
紙やペン、筆、万年筆がとても好きで
握りやすさや書きやすさにとても
こだわっています。

いろんなペンが欲しくなるのですが
出来るだけ書きやすさを求めて
買ってみるのですが、なかなか自分の手
似合うものはないですよね。

使い捨てが主流なので
本当にいいものは、カートリッジがあると
とても助かります。

自分の手にしっくりくる、書きやすいペンに
めぐり合いたいものです!!(*^。^*)
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
どうしても座れない!
2008年03月07日 (金) | 編集 |
レッスンのとき、どうしても座れない子がいます。
身体がむずむずするのか!
心が落ち着いていないのか
3分、いすに座っていられないのです。

特に、考えるとき寝転んだり、
床に座ったりするので
発想の転換のための動きかもしれませんね

もし、そうであれば発想するのに
動き回ってもかまわないのですが、
出来るなら、座って発想することが
出来るようになるといいな~~!
と思っています。

人は、型にはめることはできません。
でも、ある程度の節度は必要かな!と思います。
今はそれでよくても、小学校、中学校に
入るとそういうわけにはいきません。

一応、先生と生徒という立場があります。
昔は、その辺がハッキリしていました。
小さくても目上の人には、それなりの態度で
接するということを、親が言い聞かせ、
態度で示していました。

立場は、はっきりと・・・。
でも、お互いが歩み寄れるところは
出来るだけ、歩み寄ってもいいのでは
ないかと考えています。

言葉や服装は「態」を表します。
それによって、相手がどうとでもとってきます。
気をつけなければ・・・(~_~;)
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
映画に行きました!
2008年03月06日 (木) | 編集 |
先日、「ライラの冒険」という
映画を見に行きました。

ライラという女の子が
冒険していく話なのですが、
舞台は、イギリスです。

「ハリー・ポッター」といい
「ライラの冒険」といい、
イギリスの作家の作品なのですが
不思議でちょっと不気味な背景、
場面も暗く重々しい感じです。
イギリスにはそういう
雰囲気があるのでしょう!!

ちょっとしたきっかけで
イメージがすごくわいてきます。
この映画の世界は、私たちの世界と
とてもよく似ていますが、
違ったものがたくさんでてきて
昔と今が混じったような世界です。

この世界を平行世界(パラレル・ワールド)といい、
未知のルサコフ粒子(ダスト)と
自分の分身のような動物(ダイモン)が
関わってきて、冒険のカギを握るのは
黄金の羅針盤とそれを解読できるライラ!!

どんどんイメージが膨らんで、
どんな世界なのか、冒険はどうなるのか
ダストの世界は何なのか?
こんな空想が出来るなら
みんなすぐに作家になれますよね!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
黄砂が舞う!
2008年03月05日 (水) | 編集 |
みなさん!黄砂の被害大丈夫でしたか?
週末、吹きあれた黄砂
聞くところによると、
花粉よりすごい威力だとか!!

幸か不幸か私は花粉症ではないので
何ともその気持ちを同感できないのです。
申し訳ありません!!m(__)m

でも、アレルギーらしい経験をしました。
それは、産後1年ぐらいたった頃、
体調が悪く、風邪からどうも鼻が悪くなり
花粉症のような症状で、匂いがほとんど
わからなくなってしまったのです。

においって、不思議です。
においによって、「おいしいそ~~!」
「たべたい!」という思いが
湧き上がってくのであって、
何のにおいもないと、おいしさも半減します。

でも、くさいものを嗅がなくていいこと
だけは、助かりましたけど・・・・(^_^;)

そこから、今の町に引っ越してきて
徐々に、良くなり始め、
完全に治ってしまいました。
今は、においも嗅ぐことが出来ますし
ちょっと鼻は敏感ですが、
花粉にも黄砂にも堪えています。

鼻が悪いと目にきて、頭痛になり
体調も崩れてきます
くれぐれもお大事に・・!!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
お節句
2008年03月04日 (火) | 編集 |
お節句とは、移り変わる
日本の季節の節目、節目を感じ取り
心豊かに暮らせることを楽しみ
祝う、昔ながらの記念日だそうです。

日本は、あわただしく時間が
流れていきます。
娘が行っているオーストラリアでは
ものすごく時間がゆっくり
流れているそうです。

でも、人間の環境対応力は抜群です。
3日もすると、その環境に慣れてしまい
心がのんびりしてしまいます。

娘の電話の声を聞くと、持ち前の
のんびりさに加え、さらに
のんびりした声で、「も~しも~し」
という声が返ってきます。
帰ってきたときが恐ろしい(―_―)!!

日本人は季節をうまく
活かしながら暮らしています。
季節が変わるその時々を
肌で、耳で、目で感じ取り
そのつど行事を折りませながら
季節の厳しさを乗り越えてきたのです。

今でも、5つの節句が伝えられています。
1月7日、七草粥 「人日(じつじつ)の節句」
3月3日、ひな祭り 「上巳(じょうみ)の節句」
5月5日、こどもの日 「端午(たんご)の節句」
7月7日、織姫、彦星 「七夕(たなばた)の節句」
9月9日、菊花の香りの酒で月をめでる「重陽(ちょうよう)の節句」
節句や行事ごとが、変化しつつある今、
医療が進化して、助かる子どもが増えてきました。
でも、「心が弱い」ことによる障害がふえて
きたように思われます。
それによる病気、犯罪も増えている世の中。

違う目線で、成長を祝ったり、
願いをこめたり、心を豊に育てるための
「お節句」が必要なのかも知れません!!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
ひな祭り
2008年03月03日 (月) | 編集 |
おひな祭りは、女の子の節句です。
「お雛様は飾っていますか?」
という質問をしたところ
「いいえ!」という答えが帰ってきました。

「じゃあ、お祝いをしますか?」
と聞いてみると「いいえ~~!しませんね!!」
というお答えでした。

今では、あまりおひな祭りは
しなくなったのかな?
とちょっと寂しいやら、でも
わざわざやらなくても・・・・。
という思いと入り混じっています。

この日は、ひな人形を飾り、
白酒、ひし餅、ハマグリのお吸い物が
用意されるのが一般的です。

時代とともに、やり方も形式も
だんだん変わってきているのでしょうね。
その時代、時代にあうおひな祭りに
変わっていくんだな、と思わされます。

また、おひな祭りに欠かせない桃の花は
悪いものを払うという神聖な木と
考えられていたようです。

でも、親の願いは、どの時代も同じ!
健康で、安全で、何事もなく
すくすく育っていって欲しい、
そしてステキな花嫁になるように・・・!と
            (●^o^●)
暴走
2008年03月01日 (土) | 編集 |
3~4歳ぐらいになると
よくギャングエイジと呼ばれて
反抗期と暴走が始まります。

これにはママたちも
とても疲れるようで、
何とかならないかという
相談が良く寄せられます。

楽しいことが止められなかったり
ダメといわれるとついやってしまったり
子どもたちの心も複雑です。

まあ、すべての子どもが絶対
通る道なのですが、
大体気づき始めるのが
この3歳の頃です。

ママだけが頭にきていても
疲れるだけです。
こんなときこそルールを
作ってあげるといいかもしれません。
また、3歳ごろから自分のお部屋だったり
寝床を一人にするのもいいかも知れません。

そろそろ自立に向けて
自分で何でもやってみよう!!のスタートです。
すべて自分の責任になってきますから
お部屋をきれいにしたり、一人で寝ることが
出来たりすると、喜んで褒めてあげます。
時にはサボることも、多めに見てあげて
自分でやることを身に付けさせては
どうでしょうか!   (*^^)v
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。