幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンコウ大好き!
2008年02月29日 (金) | 編集 |
ハンコウっておもしろいですよね。
子どもたちも大好きです。
今は、スタンプをつけなくても
そのままインクの入っている
いろんなハンコウがあります

ガチャポンなんかでも
ハンコウがあったりします
虫キング、アンパンマン、ポケモンなど

宿題をしてきたお友達に
ご褒美にハンコウを押していたのですが
自分たちでどうしてもやりたい・・。
ということで、ハンコウ押しを
みんなでやりました。

ノートのあちこちに
ペタン、ペタン
すごく楽しそうです。

これで絵をかいても
おもしろいかもしれませんね!

普段身の回りにあるものって
以外にこどもがすきなものが
ありますよね。

あれはダメ、これはダメと
言いたくなるのですが
許せる限り、遊ばせて見るのも
才能を伸ばす一つですですよね!
スポンサーサイト
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
インフルエンザ
2008年02月28日 (木) | 編集 |
先々週はとても寒くて、
先週は暖かかったですよね。
先週の週末よりまた寒くなり
今週も寒さが続いています。

この気温の変化に
ちょっと身体が疲れます。

自覚症状がない人も
いるかとは思いますが、
ふと、気がつくと
身体がだるいというような
状態に陥ります。

子どもたちは、突然幼稚園や
保育園などで熱を出して
呼び出しをもらったりします。

先週はインフルエンザA型
今週はインフルエンザB型
というような、1週間ごとに
かかるというケースもあるようです。

この時期、気をつけなければ
あっという間に病気になりそうです。

特に小さいお子さんを
もっていらっしゃる方は
気をつけないと、髄膜炎なんかを
引き起こすと大変です。

なんかおかしいな?とおもったら
早めの予防をしたほうが
いいのかも知れません。
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
遠い国からPart2
2008年02月27日 (水) | 編集 |
世の中は、本当に便利になったものです。
何と、海外対応型携帯電話があって
わざわざ変圧器を持っていかなくても
大丈夫なのです。

後は海外用の差込口を持っていけば
O、Kなのですね!
これは、今度の北京オリンピックに
向けて、とても便利です。

娘も早速、携帯をかえて
いざ!!とオーストラリアへ
行ったのですが・・・・。
「携帯の充電が出来ない(T_T)」
とお友達に充電してもらって
かけてきました。

よく調べると、何と娘は
新しいアダプターを持っていっていない!!
なんとそれでは充電できるわけがない。
愚か者め~~~!

ホームスティ先の住所をメールで
送るように言って早4日が
たとうとしている。
すでに海外宅急便の準備を
着々と終えて、準備ばんたんの父は
今か今かと住所のメールを待っている!!

娘よ!ホームスティ先の住所を
出来るだけ早くおくって~~!
アダプターと携帯チップを送るから・・・。
それがあると、携帯充電できて
携帯で写真がたくさんとれるんだよ~~!
オーストラリアの写真が
いっぱい取れると、
どんな所かが目で見てわかって
楽しみも倍増です。

ただ単に旅行に行っているわけでは
ないことを、再確認して~~。

「百聞は一見にしかず」
経験は肌でたくさんのことを
学びます。
これがこれからの人生を
変えていくといっても
過言ではありません。

早くみんなもたくさんの
経験が出来ますように
      \(^o^)/
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
3Dパズルできた~~!!
2008年02月26日 (火) | 編集 |
きのう、3Dパズルを始めたNちゃんが
やってきました。
「先週、教室が終わってから、
 ずっーとやってたんだけど・・」
「ここまでしかできなかったよ」
という報告を受けました。

「そうか!がんばったんだね」
「うん、がんばったんだけど・・・」
なんて話をしながら、再度挑戦!!

あーでもない、こーでもない、
そこのピース動かさないで・・・
なんていいながら、組み立てていきます。

始めて挑戦することの
難しさを味わい
今度は完成したときの「感激」を
味わおうとしています。

「これを作った人って、天才だよね」
「それを組み立てるのも天才だよね」とNちゃん!!
「そうだ!そうだ!」といいながら
着々と作り上げていきます。

最後の1ピースを入れる前に
「先生、出来上がったら一度でいいから
『天才』って言って~~~(*^^)v」
というかわいいお願いです。

ピースが入った瞬間、二人で手をたたいて
私が「おー!天才だね!!」というと
円満の笑みを返してくれました。
これが意欲を掻き立てます
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
遠い国から
2008年02月25日 (月) | 編集 |
娘がオーストラリアに行って
はや、1ヶ月が経とうとしています。
今回、覚悟していたせいか!?
思ったより、心配していない自分に
ちょっと驚きです。

あまり連絡もないのですが
何とかやっている様子。
行けば行ったで何とか
なるものだな~~!と
改めて思いました。

言葉も習慣も食べ物も違う!
その違いを体験できただけでも
価値はあるのかな!と思います。

自分の国があるということの
すばらしさがわかってくれると
いいな~~と思います。

ホームスティのお宅では、
ママさんよりパパさんが
食事を作っているそうです。

日本と違って、時間の流れも
ゆっくりだそうで、
夜、9時にはみんなお部屋へ
帰って就寝タイムのようです。
娘いわく「はやすぎる~~!」
「今日は、夜更かししようかしら・・・」と
言っていました。
そのゆっくりな時間は、日本でどたばたしていた
娘に、貴重な贈り物なのかもしれませんね!!
私も味わってみたいものです。
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
暖かいね!
2008年02月23日 (土) | 編集 |
今週にはいり、暖かくなってきました。
先週は、とても寒くて外に出るのも
億劫になるほどでしたよね。

今週は、ぽかぽかで
新陳代謝のいい子どもは
とても暑がりです。

来てすぐに、コートなんか
ポーンと脱ぎ捨てて
「ア~~~!あついね」

事務所の日陰にいる私は
1日中寒くて、手、足が冷えひえです。

そういえば、昨日のテレビで
インフルエンザ大流行の危機を
放送していました。

鳥インフルエンザが人に感染して
かなりの人が、亡くなっているとのこと。
日本に上陸するのも時間の問題
とも言われているようです。

迫り来る食の危機が
身体の危機まで及んでいます。

何が起こるかわからない
危機に備えていかなくてはなりません。

もう一度、見直していくことが
必要になってきています。
安全なのか、安価なのか!?
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
ママ、入ってこないで!
2008年02月22日 (金) | 編集 |
Uちゃん、教室に来るなり
ママに「ママ入ってこないで!」
と一言いいました。

どうもこういうことらしいのです。
ママが教室に入ると、いろいろ小言を
言うのが嫌なために、ママには
教室に入って欲しくない。

そういうことなら
「わかりました。
 今日は、子どもたちと私とで
 レッスンします」
といって、ママたちはかえって
もらいました。

開放感があるのか
子どもたちは元気、元気!!
みんな本音で言い合います。
もし、ママが聞いていたらビックリかも・・。

教材もどんどんこなしていってくれます。
マイペースなYくんもどうにか
ついてきているようです。
ゲームになると、もっとヒートアップ
だんだん負けるのがイヤで
ぶーぶー言いだします。

「みんな一緒!じゃんけんで怒らない!」
そういいつつ、無事引き分けて終わりました。

負けず嫌いの子は、どーしても納得いきません。
でも、ゲームはゲーム、ルールをまもって楽しもうね!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
パパのどこが好き?
2008年02月21日 (木) | 編集 |
レッスンが始まる前に
必ず、子どもたちに質問を
一つするのですが、
今回は「パパのどこが好き?」
という質問をしてみると
とても楽しい答えが
帰ってきたので、
皆さんにご紹介します。

「パパのどこが好き?」
*パパの顔
*遊んでくれるところ
*ゲームをさせてくれるところ、
*戦ってくれるところ
*う~~ん、ないね!!
*怒ったところ
*手伝ってくれるところ
こんな意見が出ました。

パパ、子どもの意見いかがですか?
まだ、みんな子どもが小さいせいか
パパ、怖いとかパパ、嫌いとか
言う声はなかったようです。

なんかパパ、ホッとしてませんか?
それだけ、パパが身近に感じる
ことができるようになったのかも
知れませんね!
がんばれ!パパ(*^^)v

テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
お箸
2008年02月20日 (水) | 編集 |
今週は「武蔵」という
お箸の練習をしています。

お箸を使うのはとても
難しいですよね。
これも本人との相性もあるのでしょうか?
興味を持つ持たないもあるかもしれません。

3歳過ぎてもなかなか、持てない子もいますし、
関心のある子は、もうすぐ2才という
年齢でお箸を使って食べる子もいます。
個人差がとても激しいです。

最近、お箸の使い方が出来ていない
子どもたちをたくさん見かけます。

でも、おとなになって
かっこよくお箸を使いたいですよね。
出来るだけ、上手になりたいものです。

こんなときこの「武蔵」という
おもちゃで少しでもできるように
なれば・・・ということで
今週はがんばっています。

お箸で棒を積み上げていく
訓練なのですが、わくわく
どきどきしながら、ママと
積み上げていきます。

今は、出来なくても
必ず出来るようになります。
お箸、かっこよく使おうじゃありませんか!
ファイト・オー(^O^)/
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
新しいパズル
2008年02月19日 (火) | 編集 |
皆さんは、ジグソーパズルをしたことがありますか?
わたしは、よくパズルをします。

簡単なものだと、子どもたちと
競争しながらやるときもあります。
誰が一番早く完成させることが出来るか!
これがはまります。

ジグソーパズルは、形、色を
よーく見ていくのですが、
早くするには、勘や集中力も
必要になってきます。

ほとんど、パズルをやっていない子は
小学生になっても、なかなか完成するのは
難しいものがあります。

最近のジグソーパズルは、
立体的なものがでてきました。

丸い形のもので、
ディズニーや地球儀も作りました。
先日、小学生の女の子Nちゃんが
「先生、すごいのみつけたよ~!」
と紹介してくれたのが、
何と、球形ではない3D立体パズル!!

二人で「すごいね~~!」
「こんなパズルがあるんだ」と感激です。
りんごの形、ハートの形、箱の形、
いろいろあるようでしたが、
彼女が持ってきたのは、
一番難しそうなハートのパズル!!
初めてのものを作るのは
慣れていないせいか、
難しいのです。
立体的に組み合わせが出来ない。
二人で、パーツをいくつか組み合わせるところで
終わりにしました。

なんとなく、二人ともすっきりしない
気持ちだったのですが、
初めてということで
それでも納得しました。

でも、この考える時間が
楽しいものなのですよね。
考えてといていく、
苦しいけれど、出来たときの
快感は何ともいえません。

一度、この喜びを知ってしまうと
考えることが、楽しさに変わってきます。

これを、日頃の勉強に変えることが
出来ると、楽ですよね。
喜びを見つけ、楽しさに変える!

きっかけは、何でもいいと思います。
きっと、考えることが
楽しくなりますよ~~!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
くやしい!!
2008年02月18日 (月) | 編集 |
6歳の男の子Kくん
いつも元気にやってきます。

カードを見ることも
取り組みをすることも
大好きな子です。

「さあ、今日はママと対決よ!」
「がんばってね」というと
ママも子どもには負けられない!!
Kくんに向かって
「よ~し、絶対勝つからね!」
と宣言しました。

じゃんけんは子どものほうが強かった
のですが、結果的にKくんは負けてしまいました。

負けて悔しいKくん
「あ~~~ん!」となみだボロボロです。
Kくんは、負けることが大嫌いなのです。
でも、負けず嫌いの気持ちこそが
次のステップへの活力になります。

ママは「そうなると思ってたよ!」
と涙を拭きながら言います。

ママも真剣、子どもも真剣、
ならば、負けを教えることも
必要なことですよね。
負けることは、悪いことではなくて
そこからがスタートです。
負けない戦略を考えるために・・・・
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
がまんどき
2008年02月16日 (土) | 編集 |
自分が一人で生きられないと
実感するときは
たくさんあると思います。

女性が一番感じる時って、
赤ちゃんをうんだあとでは
ないかと思います。

それも、里帰りも終わり、
母と子だけで過ごす時間。

何もかも一人でやらなくては
いけなくなってくるからです。

今までは、自分とだんな様の
ことをやればよかったのですが
新しい命をそだてることは
わからないことだらけです。

それを自分で判断し、決断することは
はじめのうちは、大変ですよね。

一番身近で、お手伝いをしてくれる人
そう、そう、だんな様です!(*^^)v

一日中、家にいるママとしては
「早くかえってきて~~~~!」
「おふろにいれて~~~!」
「あそんであげて~~~!」
「顔を見て、話をしてあげて~~!」
「私もゆっくりおふろに入りたい!」
「ちゃんとご飯も食べたい~~~!」
などなど、考えるとキリがありません。

長い人生からすると、
ここからが夫婦としての
がんばり時のスタート
なのかも知れません。

男性と女性とよくしたもので、
それぞれの役割分担があります。

最近は、女性も社会に進出してきて、
バリバリ働くようになって来ましたが、
赤ちゃんが生まれて、1~3ヶ月ほどは
完全に女性は、母親になります。

ここで男性と女性の役割が
完全に違うのです。
女性は、母としての仕事を家でやり、
男性は、家族のために外で仕事をする。

それぞれの分担です。
それが家族を作っていきます。

お互いが一つの家族のために
ちょっとがんばらなくてはいけないときです。
母親は子どもを育て、父親は仕事で稼ぐ、
寂しさも、苛立ちも、悲しみも、喜びも
あるとは思いますが、ここが踏ん張り時
ではないかと思います。

ママは自分と子どもの成長のため、
パパはこの時期の頑張りによっては
将来を左右されます。

ママのこころの余裕が、パパを安心させ、
仕事に専念させることが出来るのでは・・・・!
「パパ、かえってきて!」の一言より、
「パパ、がんばってね」の一言が必要なときかも知れません!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
「はやいよ~~~!」
2008年02月15日 (金) | 編集 |
玄関から「はやいよ~~!」という声。

どうも、教室に来るのが早い?という意味
のようなのです。
様子を聞いていると、
車の中でお昼寝の最中に
ついてしまって、まだまだ眠たい!!

その気持ちよーくわかります!

起こして始動するまでに
ちょっと時間がかかると思ったママは
10分早めについて、
からだとあたまを起こしているのです。

いわば、準備時間とでも言いましょうか。

朝なかなか、からだとあたまは
眠りの中にいます。

はっきり目覚めるまで
30~40分ぐらいかかるといわれています。

ちょっと早めに起こして
準備時間を作ってあげることも
必要だな、と思いました。

それに伴い心の準備もできるわけですから、
一石二鳥ですよね。

レッスンは、とても
元気もりもりでやり終えることが
出来ました。
ご協力ありがとうございます(*^。^*)
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
アース
2008年02月14日 (木) | 編集 |
「Earth」という映画を見ました。
四季の移り変わり、
動植物の生きていく姿が
映し出されていました。

人は、幸運にも
手を使い、道具を使い
発明、開拓、技術の発展を
行ってきました。

これは、人類にとっては
とてもすばらしいこと。

でも、アースに映し出された
動、植物は、自然の厳しさに耐え、
自然を壊すことなく、
自然と対応しながら、生きていました。

今、偽装問題、農薬、添加物、
子育ての難しさ、自然破壊、
人と人とのコミュニケーションのあり方、
いろいろなことが問われているときです。

このときを乗り越え、
新しい何かを、気づき、対処すること、
今私たちには必要なのだと思います。

動物の母親は、自然の摂理に沿って
子育てをしています。
きびしく、やさしく、
また、群れの大人たちで
子どもを守りながら、生きていきます。

こんなすばらしい地球!
一度、ごらんになってみては
いかがでしょうか!!

テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
子離れ
2008年02月13日 (水) | 編集 |
親って不思議なものですよね。
いくつになっても親は親
子は子、その関係は変わりありません。

いずれは、親離れ、子離れ
しなくては、いけないのでしょうが、
子育てをしている間は、
なかなか考えられないものです。

でも、最近思うことは、
「こころの子離れ」って以外に
大事であり、早いのかも知れない!
という思いがしています。

難しい分野ではありますが、
子離れをしなければ、
親離れもしづらい・・・。
のかな?と思います。

早急にというわけではないのですが
少しずつ、「みとめること」、「見守る」
「言い分を聞いてみる」
余裕が必要なのかも知れません。

子どもを「ひとりの人」として
一歩、下がってみてみるのも
時にはいいのかもしれません。

子どもの成長は、早いものです。
あっという間に、小学生、中学生に
なっていきます。
この時期は、本当の意味での
「こころ」を見ていく時期なのかも
知れません!!
いろんな考え!
2008年02月12日 (火) | 編集 |
人の出会いも不思議なものがあります。
子どもたちと出会うのも
縁のようなものを感じます。

毎週、毎週あって、レッスンしていく中で
心を開いていってくれる子どもたち。

時には、かたくなにガードしている子
も中にはいます。

大体の子どもは心を開いて
溶け込んでくれます。

それは、親にもいえない悩み事
苦しいこと、疑問を
私にぶつけてくれるからです。

そのとき、私は
常識、経験、体験などを
思い出しながら、いろいろな方面から
悩み事に取り組みます。

子どもは、そこで
自分の親との意見の違いを
知っていきます。
いろんな考え方がある!
これも一つの経験になります。

そういう大人がいると
子どもの気持ちは
随分楽なのかも知れません。

心の余裕を持つことで、
考え方に広がりを持つことが
出来るのではないでしょうか!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
いい気持ち!
2008年02月11日 (月) | 編集 |
昨日は、2月とは思えなくぐらい
いい天気でした。

前日は、曇っていて
とても寒かったですよね。

用事で、ちょっと遠出を
しなくてはいけなかったですが、
前の日の夕方こんなことを
思っていました。

「明日が、こんなに寒くて
 お天気が悪かったら
 絶対、いきたくない!!」
        (―_―)!!

気分は、「行くのやめようかな!?」
と本気で思っていたところ・・・。

何と空は青空、ぽかぽか陽気!!
まさに、「いざ!出発!!」
「さあ、出かけてください。」
といわんばかりの天気でした。
お願いしてみるもんですね。

途中、野焼きをしている地域に
出くわして、「あ~~、春が近づいている!」
そんな風景を横目に
とても気持ちのいい1日を過ごしました。

自然ってすごいセラピストですよね。
見るだけで、パワーをもらい
気持ちをリフレッシュさせてくれるのですから\(^o^)/
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
あめとむち!
2008年02月09日 (土) | 編集 |
人は、自分本位です。
そうでしか生きていけないこともあります。

でも、我慢すること
思いやること、親切にすること
があって、人はうまくコミュニケーションが
取れていくのかも知れません。

親子関係でもそうです。
同じことをやるにしても、
うまくのせて、やる気を
出させたほうが良いと思います。

ことわざで、
「アメとむちは使いよう」と
いうのがありました。
私自身は、あまりいいことわざと
捕らえていなくて、
意味は理解していても、
うまく使いこなすことが出来ませんでした。

でも、今はこのことわざを
常々考えさせられています。

子どもの能力を伸ばすときや
教育をしなくてはいけないとき
やはり必要なのは、「あめとむち」です。

これは、子育てをするママ、パパの
方針にもよると思いますが、
極端ではなく、バランスよく
やっていくことが、
求められるのではないでしょうか!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
かんがえる!
2008年02月08日 (金) | 編集 |
文章を読んで答える!
という問題はたくさんあります。

というより、5歳、6歳になると
そういう問題が多くなってきます。

さらに、小学生だともっと
多くなってきます。
1年生はまだまだ読解力が
ついていきません!

「この文章どんな意味?」と
聞いてみても
「わからん!!」という答え。

問題を読んでも意味がわからない!
問答が始まり、私と生徒で
問題の意味を見つけます。

たった一文がわからないのです。
これでは問題が解けません。
これを根気強く繰り返していく。
そうすることで、
一文を理解していきます。

小さいうちは、なんとなく
こうだな!というもので終わっていたものが
大きくなると、理論的に解釈しなくては
いけなくなります。

これも成長の一段階と
いうことなのでしょうか!!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
が・ま・ん!
2008年02月07日 (木) | 編集 |
人は、がまんするということは
むずかしいことです。
大人も子どもも・・・・!

だんだん大きくなると、
自分の意志がでてくると同時に
小学校という集団社会の中では
自分をどうすればいいのか!
わからないこともあるのかも知れません。

特に、一年生はこの時期
結構、荒れている子もいます。

ストレスやプレッシャーや
コミュニケーションが
うまく取れなくて、
いらいらしている子もいます。

そして、落ち着きのない子が
多いことも事実です。
また、まっすぐ座れない子や
足をいすに置く子
いすの上で、足を立てている子
を良く見かけます。

これらを少しずつ直すには
多少の我慢が必要になってきます。
心と体の両方から直さなければならないのです。

整体の先生も言われていました。
「身体のゆがみ」が「心のゆがみ」を導き出す!!
そうかもしれません。
人は、時にただすために、
我慢も必要なのかも知れませんね!(ToT)/~~~
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
おもしろいね~!
2008年02月06日 (水) | 編集 |
年中さんのクラスでこんな教材を
出してみました。
正三角形と平行四辺形の
ブロックを、すべて正方形の枠型に
入れてしまうというものです。

パッと見た目は、
なかなか難しそうなのですが
やってみると、よく出来ていて、
正三角形と平行四辺形という
絶妙な組み合わせが出来ていくのです。

最初、30秒間出来上がりのものを見ます。
そして、手元にあるブロックをひっくり返して
作っていきます。

これを実は、小学生にやらせたところ
3分ほどで、ギブアップしてしまいました。

でも、クラスもいろいろです。
どんなに年齢が離れていても
これを駄目だと思う子と
なんかおもしろいねと思う子では
成功する確率が違ってきます。

この年中さんのクラスは
後者の子どもたちです。

さすがに、ヒントは必要です。
角のヒントを上げると
自分で組み合わせを考え始めます。

もちろん途中で行き詰って
しまいました。
そのとき、「ねえ、真ん中はどんな
もようだった?」と聞きました。

「え~~~、覚えてないな~~!」と子どもたち
ヒント・・・・。
「真ん中の模様を作れると、
すぐ完成するよ!!」と私が助言。

さあそこからが勝負です。
ママとパパも考えつつ
完成を目指します。

このクラスの子どもは
こういう教材は投げ出したり、
あきらめたりしません。
それが成功に導きます。

ア~~でもない、コ~でもない
といいながら、組み立てていくと、
最後のスペースにどの形が入るのかが
見えてきます。
すると、子どもの口から一言
「これって、おもしろい、楽しいね!!」
といって、完成させてくれました。

この頑張りが、想像力を
導き出し、成功にむかわせるのかな!
と実感するひと時でした。

パパ、ママ、ご苦労様でした。
子どもたちに、たくさんのヒントと
お手伝いをしていただきました。
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
消すぞ~~~!!
2008年02月05日 (火) | 編集 |
気分転換にプリントをします。

160の数字がランダムに書いてあるものを
1から順番に消していく!!
こういうプリントがあるのですが、
今までは100まででした。
それが何と160のすうじ

考えるだけでもクラクラしてきます。

それを小学生の子どもの前に
出したときのこと・・・。
プリントをみるなり
「先生、これいじめやん!」
「そうや!そうや!」
「虐待やん!!」と
言う声が飛び交いました。

いやいやそういうわけではなく・・(―_―)!!
おもしろいかな~~!とおもって!!
などとぶつぶついっていると、
さっそく、はじめました。
すると、最初は「わから~~ん」とか
「1はどこ?2はどこ?」と・・・。
叫んでいた声が2分ぐらいすると
し~~んと静かになったのです。

なんと、ものすごい集中力!!
真剣に没頭し、最近にはない状態です。

その分、私も必死です。
子どもよりも早く終わらなければなりません。
なぜなら、どうしても見つからない子に
ヒントをあげるためです。
10はね、大きい数字よ、
25は真ん中より上のほうにある。
などちょっとした手助けをするのです。

不思議なもので、
一度見つからないつぼに入ると
なかなか見えていても、
その数字が見つからない。
こんな状態が5分も続くと、
集中力が途切れてしまうのです。
すると、もうやりたくなくなる!!
投げ出してしまうのです。

これを避けるため、持続性を保つため
にも先に進まなければなりません。

50を過ぎたあたりから、
数字が目に飛び込んできます。
また、その数字の前後を
確認しながら進むというコツを
覚えると、さらに進むのが早くなります。

「時間よ~~~!!」
と区切ってあげると
達成感がないため、「まだする~~!」
とせがみますが、そこはぐっとこらえて
来週のお楽しみ!!

来週すると、先週したときより
簡単に解けていきます。
そこもチャンスです。
すると、やり終えた!!
という満足感につつまれて
その子の自信になります。
さあ、来週もがんばろうね!!
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
どうして!!
2008年02月04日 (月) | 編集 |
子どもは、成長の段階で
「どうして?」を連発する時期があります。

どうゆう仕組みなのかを
知りたいことはもちろんのこと!
ママの気を引くときにも使います。

子どもたちの情報源は
目で見たもの、自分で体験したこと
聞いたことがすべてです。

まだ本を読んで理解する!
にはママの助けが必要です。

そうすると、何でも知っているであろう
大人に聞くのが、一番手っ取り早い!!
ということになります。

ママは物知り!!
何でもママに聞けばわかる!
と子どもは思っているのかも知れません。

でも、ママも実際はなかなか
すべてを答えるのは難しいですよね。

そんな時、逆に質問してみては??
「それは何だと思う?」
「どうすればなおせるのかな?」
「ママも知りたいな、考えてみて?」
など考えることを育ててあげるのも
一つの手ですよね。
もし、時間が許すのあれば、
子どもと一緒に図書館へ探しにいってもいいですね!!
確かな目を!!
2008年02月02日 (土) | 編集 |
よ~く見てみると、
日本は輸入大国。

何が大事なのか。
どう対処すればいいのか。
を自分たちの目で確認する時期が
やってきました。

私たちには五感がある。
このお話は何度もしました。

地球上に住んでいるあらゆる動物は
毒と戦ってきました。

昔は、自然の中の毒。
食べていくためには
初めても物も挑戦しなくてはいけません。

何もない昔は、自分の感覚だけが頼りです。
まずは、見た目から入って、触った感じ、
臭い、そして食べてみる。

最終的に自分の舌で確かめる。
この作業を何千年と繰り返して来ました。

今の、人は「味覚障害」の人が多いと
聞きます。
それは、なんにでもマヨネーズをかけたり
えぐいものがわからなかったり、
何でもあり!!
なんていう状況は、まさに「味覚障害」ですよね。
正常な感覚を取り戻さなければなりません。

2005年に新聞掲載されていた
「食卓の向こう側」。
私はこの記事を、驚愕の思いで
読んでいました。

ひいては、脳に多大な障害をもたらして
いるのです。
いや、脳が麻痺している状態なのでしょう。

食卓でテレビをやめて、
ママの手作り料理を
楽しく会話しながら食べる。
この基本的なことが必要です。

その食材を任されているママは、
食材をよ~く吟味しなくてはなりません。

まさに今、生態系が壊れている世の中、
生まれてきた子どもたちに目をやると、
医学の発展に伴わず、障害をもって
生まれてくる子がたくさんいます。

見かけはなんともなくても、
視力が弱かったり、うまく手先が使えない
言葉が出てこない、暗く沈みがち、
考えることが出来ない、
はずかしさ、人目を気にしないなどなど
たくさんあります。
もちろん性格や環境、好みがありますが
何かの原因によって、発症したのかも知れません。

オーガニックとは言いませんが、
ここはママたちの踏ん張り時ですね!!

ママの確かな目とがんばりで、
家族の命、家族の輪を守っていくときです。
テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
緊急事態発生!!
2008年02月01日 (金) | 編集 |
とうとう被害者が出てしまいました。
そう、昨日よりテレビで放送中の
農薬問題!!

教室では、すでに数年前より
危険性をお話していて
ママたちの意識も
一般のお母さんより高いようです。

どうしても食費という面から
すると、仕方ないということが
あると思います。

関心の高いお母さんは、
きょく力、添加物、農薬の
入っていないもの、
輸入品は控えるなど
の措置をとっています。

今回の件に関しても
そう動揺はないようです。

ですが、これらは100%摂らない!と
言うわけには、今の現状ではいえません。

必ず、少なからず口の中に入っています。
数年前であれば、身体にいい良い水を飲んで
出来るだけ排出しましょうという
ことを言われていた時期があります。

でも、この毒性はもう体の機能で
排出できないほどの量に達していて
それもおしっことして、流せないほどの状態に
なっていると聞きます。
今の時点では、口にしないことが
一番なのですが、もう少し
対策が必要なようです。

その農薬が洗い流せず、
熱にも強いとなると
料理しようがありませんよね!

これが身体を壊している原因の一つですよね。

私たちは、恐ろしい現実を
しっかり、見ていかなくては
ならないようです。(―_―)!!

気をしっかり持っていきましょう!!

テーマ:コミュニケーション
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。