幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カタツムリの色
2006年06月30日 (金) | 編集 |
先日、「カタツムリを見たことがな~い!」

のブログを書きました。
その結果を少し報告。

カタツムリを見たことがない子どもたち。

何色のカタツムリを描いたと思いますか?

なんとかたつむりを虹色で描きました。

でもそれが、なんとも言えずきれいな
カタツムリで、こんなカタツムリが

「本当にいるといいね~!」なんて・・・

ところで、虫といえば・・・・・。

お母さんは虫どうですか?
昆虫といわれて想像できる範囲の
虫でいいのですが・・・・。
男の子は多少なりとも好きですよね!
とくに、3歳~6歳ぐらいまでは。


5歳の男の子。
今、虫大好き少年です。
去年からカブトムシを育て、飼っています。

その世話は大体ママです。
好きとか嫌いとか言っている場合ではありません。
体長3cm~5cmの幼虫を育てるのです。

わたしも育てました。
5センチはある巨大幼虫・・・・
最初見たときは、あまりの驚きに
ふたをしてしまいました。


あのオーストラリアの原住民が食べている

あの幼虫のような・・・ぞ~~~!!
背中につめたいものが、流れます。
もしかしたら、おかあさん!!
あなたも
同じ経験をするかもしれません。・・・・・お気の毒!
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
子どもの気持ちと絵
2006年06月27日 (火) | 編集 |
毎月、私たちの教室では塗り絵をします。
今月は、カタツムリの塗り絵です。

子どもたちが・・・・

「せんせ~い。かたつむりって何色?」

「えっ~~!カタツムリって見たことないの?」

「うん、本物はみたことないよ!」


あぁ~~、それじゃ、わかんないよね・・・・。

カタツムリはどこにいるのでしょうか?
6月の雨の日葉っぱの上には、たくさんカタツムリがいました。

「おかあさん~~!見たことありませんか?」

もし、カタツムリを見つけたら、
気持ち悪がらずに、子どもに見せてあげてください。
何も知らない子どもたちは、虫なんて怖くないです。
たまに怖い子もいるかもしれませんが、
大体の子はなんとも思っていないです。
あとから、「いや」とか「嫌い」とか出てきます。
そうなる前にまずは、見せてあげましょう!!

私は言いました。


「うん、わかった。
 
でも黄色いカタツムリっているの 先生?」


「うぅぅぅぅ~~
 
 いるかどうかは、わからないけど、
 
 みんながいるよと思ったら
 
 その色を使ってもいいよ」


どんな色のカタツムリが登場するやら・・・・
楽しみ、たのしみ、タノシミ・・・・です。

赤・・・あたたかい感じ、燃えている、意欲的
黄・・・興奮する、危険、明るい
青・・・冷たい感じ、寒い感じ、落ち着く
色は不思議な力があります。

どんな色をつかうかで、子どもの状態がわかります。
できあがったお子さんの絵をよくみて、
子どもの気持ちを把握しましょう。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
おじいちゃんと温泉
2006年06月25日 (日) | 編集 |
先月〈5月〉よりママにお願いをしました。

子どもたちのいいところ、

困ったところ、またママの悩み


何でもいいですから書いてみてくださ~い。  と・・・

すると、ママの日頃の格闘ぶりがたくさん見えてきました。
日々生活のなかで、大きい小さいに係わらず
ママたちはたいへんです。

子どもたちの心を傷つけないように、
また、やむおえず、傷つけてしまったとき、
どうしたらいいのか?・・・・・
考えさせられますよね。

こんなおたより・・・・がありました。
Tくんは、3歳の男の子。
ちょっと恥ずかしがりやで、自分の意志は曲げません。
ひととおんなじことをするのが、イヤです。

この態度は、たぶん一時的なものか、または生活の中で
一緒はいやという何か出来事があったのではないかと
思われます。

Tくんは、おじいちゃんといっしょに温泉へいきました。

初めての外泊です。

ママは、ハラハラドキドキです。
でも、Tくんはちゃんとおじいちゃんに気遣いをして
あげたりしてやさしくしてあげたそうです。

でも、「お風呂にはぜったいはいらないよ~!」といって、
入らなかったそうです。

そして・・・・・
3日目には下痢をしてしまいました。

ママいわく「子どもってなんとデリケートなんでしょう!!」
テーマ:家族でお出かけ
ジャンル:育児
子どもとプラモデル
2006年06月23日 (金) | 編集 |
子どもたちは作ることが大好き!!

今週は、子どもたちにとても簡単なプラモデルを
作ってもらいました。

それも 乗りものです。
ブルトーザー・バイク・レーシングカー・きしゃ
の四種類です。

1番人気は、ブルトーザー

2位はバイク
3位はレーシングカーです。

取扱説明書がちゃんとついていて、
それは、文字がほとんど書いてなく、
絵をみて組み立てていきます。


みんな真剣な表情で、黙々と作っていきます。
うまくはまらないところは、
「ママ~!!やって~!」
とさけびながら・・・・

ちゃんとドライバーもついていてネジをくるくる
まわさなければいけません。
それはもうちょっとした技術者のようです。

ママも手伝いながら、子どもの顔をのぞいては
「今日はいつになく真剣ね!!」
といいつつ、完成をめざしました。

出来上がると、子どもたちはニコニコ顔
ママは「すごいね~!!Rくんが作ったんだよ。」
と達成感を伝えていました。

子どもたちは、それから「ママがかえるよ~」と
言うまで、ず~と乗り物で遊んでいたのでした。
テーマ:日記
ジャンル:育児
子どもの悩み相談室
2006年06月21日 (水) | 編集 |
私たち、親にとって子どもを育てていく中で、
必ず悩みが出てきます。
これは、今の状況を抜け出そうとしている、
回復に向かおうとする対策です。
これは子育ての中で、とても大切な行為です。
子育てで考えることにより脳がより働き、一回りも
ふた回りも人間として成長するのです。
ここが男性よりえらいところだと思います。

男性の皆さんごめんなさい。
やはり、「母はつよしです」

そこで、その悩みを深く考えずに、ちょっと目線を
変えるだけで気持ちが少しでも楽になり、親と子ども
がお互いよりよい関係ができればと思います。

しつけのアドバイス=====

1歳になったら・・・・・
「小さいがまん」をさせましょう。
今まではなんでもすぐにしてあげてました。
そのほうが、安心して落ち着きます。
これからは、すこ~しだけが・ま・ん・・・。
「ちょっとまっててね!今ママの手が離せないから!!」
と待たせてみてください。
もしできたら、いっぱいほめて!!
「ママね、〇〇ちゃんが待ってくれたからとてもたすかったよ」
「ありがとう」
すると、〇〇ちゃんはできたという喜びと達成感が沸いてきます。
なによりママにほめられることがうれしいです。

2歳になったら・・・・
ママとお約束ができるようになります。
寝る前に本を読むときも、
「この絵本が読み終わったら寝ようね」
「時計の針が9のところになったら目を閉じようね」
と約束してみましょう。
これも、できたらいっぱいほめてあげてください。
この頃は、ママにほめてもらうと、とてもうれしくなる時期です。
やってほしくないことはお約束しましょう。

おもな二つをあげてみました。
これだけでは、ないのですが基本中の基本です。

また、ちょっと困ったとき・・・・

==ひっくり返って泣くとき===
わがままで、ひっくり返って泣いたとき、扱い方を間違うと大変です。
この場合、わがままを通してしまうと、またひっくり返って泣けばいいと
思ってしまうので、まず、抱っこして落ち着かせましょう。
落ち着いたら、どうして泣くのかを聞いてみてください。
もし、ママがどうしてか判断できるのなら
「〇〇ちゃんはこうしたかったのかな?」
「〇〇ちゃんはこれがほしかったの?」
と聞いてみてください。
そして、要求がかなえられるなら叶えてあげてください。
もし、叶えられないのなら、理由を聞かせてあげましょう。
どうしても、今できないことや手に入らないことを
説明すると子どもだって納得してくれます。

===子どものほうが正しいとき===
子どもの言い分に正当な理由があるときは、お母さんが素直に
負けてあげてください。子どもの言い分をよく聞いてあげるように
すると、自分の気持ちがきちんといえる子に育ちます。
でも、へりくつやわがままを許すというわけではありません。

===悔し泣きをする子===
競争心のある子はとてもよく伸びます。
負けて泣くのはよい体験です。負けて我慢や努力を覚え、
「よ~し、負けないぞ!」とバネにします。
このような子どもの場合は、まずお母さんが同じ気持ちになることです。
『そう、まけてくやしかったわね。わかるわ!!』
『この次はがんばろうね!!』
と励ましてあげると、大きく伸びていきます。

===すねることが多い子===
子どもが本当に母親の愛情を受け取っているときは、
すねる様子があまり見られません。
こんなことができないという思いが伝わって
子どもがすねることがあります。
何がすねる原因だったのか!何が気に入らないのかを
少しでもわかってあげると、ママも子どもも
楽になります。


まだまだ、悩みはつきません。
でも、ひとつひとつ考えて、教えてあげると
子どももなんとなくママの気持ちをわかってくれます。
ママ、もし苦しかったら、自分の子どもに
「苦しいよ~!」と試しに言ってみてください。
何がなんだかわからないけれど、
子どもは頭を撫でてくれると思いますよ!!

子育てがんばれ!ママ!!
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
お母さんがしてはいけない7つの行動
2006年06月19日 (月) | 編集 |
お母さんには、耳が痛いかもしれません。
でも、この行動をやっていただくと
夫婦間も親子間もずいぶんよくなると思います。

こんなことか!と思わず

見るだけでも見てください。



それでは・・・・・・

①子どもの前で父親の悪口を言わない。
 (給料とか性格など)
②子どもの前では極力夫婦げんかをしない。
③子どもの前でよその父親と比較しない。
④子どもの前で父親の教育方針を批判しない。
⑤子どもの前でできるだけ元気にいよう。
⑥子どもの前で、父親方の祖父、祖母を批判しない。
⑦子どもの前で、父親に対してよそよそしくしない。


この7つの行動です。
たぶん思い当たるところがあると思います。
行動や言動を起こす前に深呼吸をして
考えて行動してみてはいかがですか。

ちなみに私は、②を除いてだいたい守っています。
②は家庭内だけでなく、仕事のことで
意見を言い合うことがよくあります。

すべてを完璧にすることは、決してできることではありません。
できることを少しずつでいいと思います。

喧嘩も時には必要です。
喧嘩後ホローをすると、子どもも納得します。
やってしまったら、いっぱい抱っこして、
いっぱいお話して、聞いて
あげてください。すぐに仲直りできますよ!!
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
お父さんの7つの行動
2006年06月18日 (日) | 編集 |
最近は、お父さんも育児に参加される人が
少しずつ増えてきました。
とてもすばらしいことですね!


お父さんには、子育てのこんな役割があります。

子育てで一番だいじなことは、

*わがままな気持ちを抑えること、

*意志力を付けさせること

*人を思いやる気持ちを大切にする。


子育てには、「愛」と「敬」が必要です。

基本は、「家庭」
子育ての基本は、家庭にあります。
その中心がお父さんです。

でも、今日この頃、共稼ぎや家庭の事情で
お母さんがお父さんの役目をする家庭が増えています。
お母さんもお父さんの気持ちで接するのも、
いいのではないかと思います。

次に

お父さんの7つの行動

①子どもに『敬』を訓える
②子どもに『忍』を体得させる
③子どもに『愛』を育てる
④子どもに『憤』を起こさせる
⑤子どもに『個』を学ばせる
⑥子どもに『志』を目覚めさせる
⑦子どもに『夢』を与える

これが、お父さんが子どもに身に付けさせなければ

いけない7つの行動です。

今、日本の家庭の中でなくなりつつあるものです。
テーマ:子育てのつぶやき
ジャンル:育児
左脳もダイジ
2006年06月16日 (金) | 編集 |
みなさんは、右脳を鍛えると
頭がよくなると思ってませんか?

間違えではありません。

しかし、正解ともいえません。

なぜ~。

それは、みなさんがご存知のように、
右脳はイメージ脳、左は言葉脳と呼ばれています。

右脳教育では、イメージ力を育て、操作する
幼児の能力を高めることを考えています。

でも、右脳だけではだめなのです。
左脳につなげる働きが必要なのです。

左脳を育てるには、「読み書き」小学校で習う、
基本的なことを鍛えなければ能力はあがりません。

小学校で習う「読み書き」は、とても重要なことですよ。
テーマ:子育てのつぶやき
ジャンル:育児
タックン
2006年06月15日 (木) | 編集 |
タックンは

1歳のときに教室にやってきました。
双子のお兄ちゃんです。
脳性まひです。
いま5歳になりました。

タックンは、

すごく頭がよく、なんでもわかっています。
肢体不自由者です。
普通の幼稚園に通っています。
だんだん言葉もはっきりしてきました。
身体が硬いです。
身体が硬直します。

タックンは、

自分の指もだいぶ動くようになりました。
ひとりで正座することができます。
視力も弱いです。
めがねをかけています。
歪むのをなくすため足に特殊の靴を履いています。

タックンは、

遅いと「おそい!」早いと「はやい!」といいます。
毎日ハードなスケジュールです。
それでも元気に毎日を過ごしています。
文句を言いません。
手抜きをしません。
すべてをこなしていきます。

そんなタックンは、来年小学校をどこにしようか迷っています。
テーマ:障害児と生きる毎日。
ジャンル:育児
子どもの食育
2006年06月14日 (水) | 編集 |
「食育」という言葉がだいぶ知られてきました。

また、その土地の作られたもの・その場所で取れたものを
新鮮な形で食べることが一番理想とされています。

そして、いろいろな食品を偏ることなく、
食べることが、体を作っていくことになります。

食事バランスの基本

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

この7つがとても大切です

「ま」・・・まめ
「ご」・・・ごま
「わ」・・・わかめ
「や」・・・野菜
「さ」・・・さかな
「し」・・・しいたけ
「い」・・・いも

この7つをバランスよくとることが一番身体に良いとされています。

できるだけ、少なくしたい食事

「オ・カ・-・サ・ン・ハ・ヤ・ス・メ」

「オ」・・・オムレツ
「カ」・・・カレーライス
「サ」・・・サンドイッチ
「ハ」・・・ハンバーグ
「ヤ」・・・ヤキソバ
「ス」・・・スパゲッティー
「メ」・・・メダマヤキ

どれも子どもが好きな食べ物の上位を占めています。
この食べ物は、高脂肪、高カロリーで、お腹がいっぱいになっても、
必要なビタミンB群が欠落するため、高栄養なのに
食べれば食べるほど、疲れてイライラしてきます。
一品でもいいですから取り入れてみてください。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
子どもの安心
2006年06月12日 (月) | 編集 |
私たちの周りには、「これはいいですよ~!」
という商品がいっぱいあります。

特に赤ちゃん商品はたくさんあります。
デリケートな赤ちゃんには、できるだけ
いいものを・・・・・。
というお母さんはいっぱいいます。
できるだけ、いいものを赤ちゃんには使いたいものですよね。

でも、コマーシャルをつい信用して「これは安心!」
と手にとってしまう人がたくさんいます。

「ちょっと待って~!ママ!!」
今、使おうと思って手にとったものを
よ~く見てみてください!

赤ちゃん用の

「野菜・哺乳びん洗い」
・・これは台所用合成洗剤

「ベビーシャンプー」
・・・合成界面活性剤が入っている

「柔軟剤」
・・・毒性の強い陽イオン系合成界面活性剤が主成分

また、
缶詰からは環境ホルモンが溶け出しています。
多くの食品には、添加物が入っています。

こんなにたくさんいろいろなものが使われています。
そう見ると、なにもつかうものがないな~!と思えます。
でも、すべて入っていないものを求めることはできません。
できるだけ、少ないものを求めてください。

で・き・る・だ・け  です。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
子どもたちの気分
2006年06月09日 (金) | 編集 |
教室に通っているお母さんの中には、
NGワードを使っている方がいます。

NGワードとは、

「どうしてできないの?」
「~なんでしょう、こうしなさい。」
「頑張らなくちゃ」

などマイナスイメージや、やる気をなくす言葉などです。
NGワード言うと、

すかさず

「本当はできるんだよね!」
「○○もあるし△△もあるけど、どうしたいの、どうすればいい?」
「やりたいときがくれば、やればいいのよ。」

私は子どもたちに言ってあげます。

するとお母さんはハットしてますが、
お母さんが子どもに
「そうだよね、○○ちゃんはできるんだよね」
と言うと、子どもはニッコリ笑ってお母さんの顔をみます。

プラスの言葉をいっぱいかけてあげると、
こんなにすばらしい子どもだったのかと、
親がビックリするような姿をたくさんみせてくれますよ。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
お母さんの悩み(私のこどもわかってる?)
2006年06月06日 (火) | 編集 |
子どもたち・・・・。
いろんな子どもたちがいます。

Aちゃんは3歳になったばかり。
Aちゃんはママのお腹の中で、
へその緒が首に巻いていました。
でも無事に生まれてきました。

何の障害もなくすくすくと育ってきています。
でも・・・・。
ひとつだけ、Aちゃんは、しゃべりません。

自分に話すことは必要ではないのか?
普段はジェスチャーで会話します。
最近「ママ~!」というようになりました。

ある日、ママからこんな質問がありました。
「この子は、ほんとうにわかっているのでしょうか?」

私は、Aちゃんを目の前にして、
「わかっていると思います。」と・・・
「たぶん、本人はしゃべらないけれども理解はしていると思います。」
「だいたい3歳ぐらいの子どもたちが知っていることは、
Aちゃんもわかると思います。」

すると、それまで聞いているのか、いないのか
わからなかったAちゃん。
ニコッとして私のところに来て、握手を求めてきました。

まるで・・・・。
「先生 よくわかってるね。そのとおり!」というように・・・・。

ママはびっくりして「ほんとにわかってるの?」と聞くと
Aちゃんはウンウンというように頭を縦に3回振りました。
またまた、ママはびっくり。
意外と子どもたちはそれなりにいろんな事を
理解していることがたくさんあります。

まず、できるんだね!と認めてあげてください。
きっと子どもたちもっと伸びていきます。
私のママは私のことをこんなにわかってくれているんだと・・・・。
とても、安心して過ごすことが出来るのです
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
トランプ遊びで数の感覚をつけましょう!
2006年06月05日 (月) | 編集 |
子どもとトランプ遊びをしていますか?

トランプは、数字の感覚
☆数字の対応
☆数の大小
☆順番
☆量の多い少ない
☆数の概念

算数の基礎となる勉強ができます。

私は、子どもの記憶力をつけるため
カードを裏向きで規則的に並べ何回も
当てさせる遊びをしました。

そして、慣れてきたらランダムに並べ当てさせました。

すると、子どもが小1ぐらいになると
神経衰弱で負けが多くなってきました。

負けるとチョット悔しいですね!
でも、嬉しい!へんですね!


テーマ:育児日記
ジャンル:育児
子どもの脳力維持
2006年06月04日 (日) | 編集 |
脳力を維持できる環境について、お話しましよう。
その秘訣は、今ブームの「右脳」にあります。

人の頭の中には、左脳と右脳があります。
左脳は、言語脳と呼ばれ、全ての情報を言語や論理で考えます。
情報を一つ一つ理解して、記憶していくので、
決して処理のスピードは速くありませんし、
記憶できる量も限られてきます。

これに対し、右脳では、大容量の高速コンピューターが働いています。
右脳は左脳と違って、言語も記憶も必要としません。
大量の情報をイメージとして、一瞬にして脳に焼き付けるので、
驚異的なスピードで、膨大な情報を吸収出来るのです。

だから、右脳が情報を処理できる量とスピードは、

左脳の何百倍もあるわけです。


これまでは、左脳だけが言語や数字を扱う器官と言われてきましたが、
最近の研究で、実は右脳にもその機能があり、
さらに、
その能力は左脳を圧倒的に上回ることが分かってきました。

私達の多くは、英語を中学で3年間、
高校で3年間学んでいるにもかかわらず、英語を話せません。


しかも、習得法は単語だけでなく文法も並列して勉強するという、
とても合理的なものです。
一方、赤ちゃんは、家族や周囲の人たちの言葉を
手当たり次第に吸収して、1年も経てば、
やがて喋れるようになります。

しかも、文法のような規則は一切習いません。
この方法は、非効率きわまりない学習法です。

しかし、その成果は、皆が知っているように驚異的なものです。
日本人が家族で海外に移住した場合にも、同じ結果になります。
大人は、どれだけ必死に勉強しても、
その国の言葉を扱えるようになるまでに数年を要したり、
中には、いつまで経っても言葉を話せない人もいます。

しかし、子供は違います。
低年齢の子供ほど、言葉を早く習得して、
1年もしないうちに、ペラペラ話し出します。

これはどういうことかと言うと、
子供の学習法と、大人の学習法が根本的に違うからです。
大人が左脳で学習しているのに対して、
子供は右脳で学習しているのです。

中には、世界中の車のメーカーと車種を覚えてしまったり、
世界中の国旗と国名と首都を覚えてしまう子供もいます。
こういうことが出来るのも、
子供が無意識のうちに、右脳で学習しているからなのです。

右脳には、私達が想像する以上の驚異的な能力が隠されています。
計算にしても、読書にしても
左脳よりは、右脳で行った方が、何百倍も効率的なのです。

だから、誰もが右脳をフルに活用できれば、
皆が天才になれるのですが、
残念ながら、ほとんどの大人は左脳ばかりを使って、
ほとんど右脳を使っていません。

右脳を使っているのは、小さな子供だけです。
小さな子供は最初、右脳だけを100%使って、左脳を使いません。
3歳くらいになると、左脳への移行が少しずつ始まり、
6歳を過ぎれば、大人と同じように、
左脳ばかりを使い始めるようになります。

だから、右脳を子供の時だけでなく、
大人になっても使えるようになれば、
6ヶ国語でも7ヶ国語でも、自由に使いこなせる語学の天才になれます。
その意味で、天才とは、大人になっても右脳の力を
使える人のことを言います。

しかし、大多数の人間は、右脳を使えるようにはなりません。
これは、左脳に、右脳を働かせないようにする抑制力があるからです。

そのため、6歳を過ぎるくらいから、
子供は右脳を使えなくなるのです。

一旦、右脳を使わずに放置するようになると、
右脳はどんどん錆び付いていき、やがて能力も失われていきます。
人間は死ぬまでに、持っている脳力のわずか
3%しか使わないと言われますが、
それもほとんどが左脳です。

右脳を使えるようになるには、左脳の働きを抑えて、
右脳を全開にするためのトレーニングが必要になります。
トレーニングと言っても、決して難しいものではありません。
既に右脳が錆び付いている大人では太刀打ち出来ませんが、
小さな子供であれば誰でも、そのトレーニングを
簡単に遊び感覚でやっていきます。

だから、トレーニングは子供のうちに行う必要があるのです。
大人になってからでも、ある程度は右脳を
開花させることは出来ますが、
右脳の力を全開させるには、子供のうちに、
そしてできるだけ0歳に近いうちに、
公式に沿ったトレーニングをする必要があります。
そのトレーニングが、右脳を使った幼児教育なのです。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
3つごの魂100まで(子育ては6歳?)
2006年06月03日 (土) | 編集 |
科学的な裏付けがあるのですが、
脳力を維持出来るか出来ないかの最初の分かれ目になるのは

3歳で、その次が6歳です。

その後もトレーニングによって、脳力低下のスピードを
遅くすることは出来ますが、正直、10歳までが限界です。

だから、人の「脳力」や「才能」というものは、
0~6歳までに決まってしまいます。

6歳を過ぎて、塾に通い、どんなに猛勉強をしたところで、
脳力を維持することは出来ませんし、
それは学習能力や運動能力にしても同様です。

小学校から先に進むにしたがって、
例えば、成績の良い子と良くない子、
運動の出来る子と、運動が苦手な子、
素直で優しい子と、そうでない子。

徐々に能力の差が出てきますが、

この差は、6歳までにどのような環境で育ったかで

ほぼ決まってくるのです。
テーマ:日記
ジャンル:育児
上手な子育てで・・・
2006年06月02日 (金) | 編集 |
赤ちゃんの時は誰もが天才でも、
人は年齢を重ねるにつれて、その才能を失っていきます。
もちろん、あなたの子供も同様です。
これは、本当に悲しいことです。
せっかくすごい能力を持って、天才として生まれてきたのに、
大多数の人が、天才でなくなってしまうのです。

ところが、中には大人になっても、
エジソンやアインシュタインのように
「天才」と呼ばれる人達がいます。
彼らは、赤ちゃんだった頃、
その他大勢の赤ちゃんを越える大天才だったのででしょうか。
普通の赤ちゃんよりも、優れた脳を持って生まれてきたのでしょうか。
そんなことはありません。
彼らだけ、生まれた時に特別な才能を持って
生まれてきたわけではないのです。

これまで、人間の才能は、「生まれつき持ち合わせたもの」
と考えられてきました。
つまり、人間の才能は、受け継いだ遺伝子によって決まっていて、
この時点で、頭が良い子と良くない子がいて、
運動の得意な子と苦手な子がいる、という考え方です。
しかし、最近の研究で、この考えが間違いであることが
分かってきました。
ある程度、遺伝的な差はあるにしても、
生まれたばかりの赤ちゃんの脳力には、ほとんど差がないのです。
どんなに天才と呼ばれる人達でも、
赤ちゃんの時には、その他の赤ちゃんと同じくらいの
才能しか持っていなかったのです。
そして、皆と同じように、年齢を重ねるにつれて、
脳力(脳の力)も低下していったのです。

では、なぜ、彼らだけが、大人になっても天才的な才能を
持っていたのでしょう。
それは、脳力の減り方が普通の人たちよりも、
ずっと小さかったからです。
普通の人が脳力を失って大人になっていくのに、
彼らだけは、脳力をそれほど失わないまま、大人になったのです。
その意味で、「天才」とは、生まれる前に特別な才能を
与えられたわけではなく、
生まれた後、脳力の減り方が少なかった人のことを言います。

言い方を替えるなら、才能や脳力は、生まれる前ではなく、
生まれた後の環境によって形作られるのです。
エジソンやアインシュタインは、脳力の低下しにくい
環境に育ったから、
その結果として、天才に育ったのです
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
子どもの眼を鍛えてみると、アラ不思議!
2006年06月01日 (木) | 編集 |
私の長男は小学校のときサッカーをしてましたが
中学生になるとテニスをはじめました。

長 男 「ボールが小さくて見えにくい」

 母  「眼が悪いんじゃないの、眼科に行く?」

長 男 「なに言っているんだ、
     ボールが小さくて早く飛んでくるので
     タイミングを合わせにくいと言ってるんだよ!」
 
 母  「運動神経がないのね」  

長 男 「ハァー」 
            



多くのトップアスリートが実践している
ビジョントレーニング

眼を鍛えると運動能力が伸びてきます。
長男もビジョントレーニングをして
テニスの成績がよくなってきました。

日本では、あまり知られていませんが、
アメリカでは多くのスター選手をささえています。

あなたも試してみて下さい。
きっと、何かが変わってくると思います。
テーマ:成長の記録
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。