幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合成
2009年05月26日 (火) | 編集 |
かずの合成は、足し算引き算のとき
とてもだいじなものです。
足す、引くという言葉は
もちろんのこと、「+」「-」
の記号も覚えなければならないために、
なかなか理解しづらいところがあります。

そのためにも、合成は必要です。
かずがいえるようになったら
「1」と「2」で「3」
「いち」と「に」で「さん」
といってあげて、物でみせて
あげたほうがわかりやすいので、
「●」と「●、●」で「●、●、●」
とおはじきでもえんぴつでも
お菓子でも何でもいいですから
みせて、言わせてください。

少しずつ増えていくんだなということを理解したら
「●」+「●、●」=「●、●、●」を
言わせて、書かせてくださいね。
後は、かずをひとつずつ増やしていけばいいだけです。
1+2=3
1+3=4
1+4=5
1+5=6というぐあいです。


今日の慣用句
「小事は大事」
意味:些細なことでも油断すると大事になるので、十分に注意する必要があるということ
スポンサーサイト
どうするの?
2009年05月16日 (土) | 編集 |
子どもたちがだんだん
大きくなると、物の使い方を
教えなくてはなりません。

まずは・・・・!
ペットボトルの開け方、
お茶のカンの開け方、
袋の開け方、
いろんな開け方があります。

小さいうちは、手の力も
弱いですから、開けることが
なかなか難しいこともあります。

どこにどう力を入れるのか
まわすのか、引っ張るのか!
これは経験しかありません。

また、手を使うことで
脳にも刺激がいきますので
出来るだけあけさせてあげましょう!
これだけはどうしても開けて欲しくない
と思うものは、子どもの手の届かない所へ
置いてください。


今日の慣用句
「百年の計」
意味:将来のことまでを考えた計画のこと

家の中では・・・!
2009年05月15日 (金) | 編集 |
物の名まえある程度覚えると
今度は、ひらがな、カタカナの
文字を覚えなくてはなりません。

この文字は、50音文字です。
「あいうえお」、「あかさたな」
と縦の列と横の列も覚える必要がありますし、
カタカナや漢字もあります。
日本語は覚えるものがたくさんありますね。

でもこれを「ひらがな」「カタカナ」
と分けて覚えるととても大変です。
すべて同時に覚えていくと、楽になります。

たとえば、家の中にあるものを
紙に書きます。(付せんでも紙でもいいです)
「てれび」「テレビ」とか「いす」「イス」「椅子」
「れいぞうこ」「レイゾウコ」「冷蔵庫」など
その物に貼っていきます。
子どもはテレビに目をやるたびに
ひらがなやカタカナを目にすることになるのです。

そうして、ひらがな、カタカナ、漢字を
繰り返し見ていくことで、覚えていきます。
出来れば、「てれび」「テレビ」を
50音表で確認できるともっと効果的ですよ~~!!

今日の慣用句
「急がば回れ」
意味:近道して危ない目にあうより、安全な本道を回ったほうが早く目的地に着ける、
   成果を急いであわてるより、着実な方法を取ったほうが得策であるということ。
お散歩!
2009年05月14日 (木) | 編集 |
暖かくなってきて
外に出る機会が増えてきました。
今まで、家の中でしかないものが
そとには、たくさんあります。

近くに咲いている花の名前や
遊具の名まえ!
標識、車、踏み切り、電車
おもしろいものがたくさんあります。
名まえがわかるものでいいですから
どんどんいってあげましょう!

実物を見るのと、絵本や写真を
見るのとでは、随分違います。
もし、お子さんが字を読めなくても
読めても、看板の字やカタカナを
読んであげるのもいいですよ!

毎日同じ道を通るならもっとラッキーです。
その字を確実に覚えますから
他で見つけたときなどは
あそこで見た「あ」とか「か」
とかいってくれます。

オーストラリアから来た留学生は
「たこ」にとても興味があって
「たこやき」の看板を見つけると
「たこ」「たこ」といっていました!!

このように、身近なものからでいいので
たくさん言ってあげてください。

今日の慣用句
「一矢を報いる」
意味:相手に反撃する、負けずにやり返すこと
目で見える数
2009年05月13日 (水) | 編集 |
1~5までは目で見てわかる数(*^。^*)
6~10は目で見てわからない数(>_<)

どうすればいいのでしょうか!
結果は目で見て、なれることです。
何回も繰り返し見ていると
6~10のかずは感覚的に
理解できるようになってきます。

はじめは1~5までをしっかり数えて
いますが、6~10は面倒くさくて
子どもたちは数えたくありません!

次の手は、2とびか3とびを教えると
簡単に数えられますよね!
または、6~10のかずの中で
一番多い数と一番少ない数を
確実に取れるようにしておくと
後は、見た目で量を判断します。
7、8、9は馴れてくると
そう難しくありませんので
すべてを数えるより
量で覚えてほうが数を理解するのには
早道かも知れません。

しかし、2とび、3とびはとても
大切な数え方でもありますから
ぜひ覚えさせましょう!!

今日の慣用句
「要領を得ない」
意味:何を言おうとしているのか、要点がハッキリしないこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。