幼児教育で気がついたこと自分の子どもが理解できないお母さんが増えているようです。育て方、対処の仕方、ストレス、など、子育てと家族とのコミュニケーションをうまく育てていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣きわめく!!
2009年08月01日 (土) | 編集 |
子どもたちが自分の意見を訴える
ひとつの方法として「泣く」があります。
泣き方もそれぞれあって、ふえ~~~んと
泣く子もいれば、ギャー、ギャー泣く子も
いますよね。でも取りあえずは
自分の意見を通したいのですから
めいっぱい泣いてくれます。

ママは困ってしまいますよね!
でも、ただ単にわがままで泣いているのなら
しっかり抱きしめてあげたり、
言い聞かせると子どもたちは
ちゃんと聞いてくれます。

ですが、これが反抗期となると
話は違ってきます。
とにかく何をするのも「いや」
なのですから、どう気持ちを
落ち着ければいいのか
わからなくなります。
そんなときは、出来るだけ体を
動かしてみるといいですよ!!

今は、なつですから、プールにいく、
庭やベランダで行水する、
ママとおいかけっ子する、
風船で遊ぶ、プロレスごっこ
などいいかも知れません。
体をめいっぱい動かすと
モヤモヤもなくなっていきますよ~~!

今日の慣用句
「目もあや」
意味:光り輝くように美しい様子のこと
スポンサーサイト
あいにく!?
2009年07月07日 (火) | 編集 |
7月7日は七夕!!
福岡はあいにくの曇りでした!
雨も降ったりしたので、
ほとんど空は雲いっぱいです。

子どもたちの願い事は、
たくさんあります。
その一つ一つが
かなうといいですね!
というより、その願いに向けて
進んでいってくれると
いいな!と思います。

いろいろなものが
出来ては、なくなっている
世の中ですよね!
子どもたちの夢を壊さないように
大人が守っていかなければ
いけないのですが・・・



今日の慣用句
「目を見張る」
意味:驚き・怒り・感動などによって、目を大きく見開くこと
プリント
2009年07月04日 (土) | 編集 |
「夏のパワーアッププリント」
の2000セット予約販売、
の期間が締め切り迫っています。

まだ若干あるようですが、
残り少なくなってきています。
この夏、1日3枚40日間で
やり終える!!プリントです。
知識、文字、数、環境、イメージトレーニング
などが入っていますので、
飽きずに出来るのではないかと思います。

4~6歳までが対象ですが、
3歳の子でも読みに書きが
出来るのであればぜひ
チャレンジしてみてください!!

また小学一年生の復習としても
十分つかえると思いますので
試してみる価値ありです。
それ以上を求めるのなら、
パーフェクトプリントだったのですが
6月30日でキャンペーンは
終了しましたので、ご了承ください!!

今、力をつけるときですよ!!


今日の慣用句
「紺屋の白袴」(こうやのしろばかま)
意味:人の為に時間をとられて、わが身を顧みることが出来ないこと
どう過ごす!
2009年07月01日 (水) | 編集 |
先週より雨が降り続いています。
このままいけば、水不足か!?
という心配もなくなり
ちょっとホッとしますね・・・!

でも今年の夏は、暑くなりそうです。
そうこうしているうちに
7月にはいってしまいました。
7月といえば、もう目の前には
『なつやすみ』・・・・!
例年にもまして、早いなつやすみです。
「海の日」よりも前になつやすみに
入ってしまいますね!

さあ、子どもたちとの時間を
楽しめるときなのですが、
いつも幼稚園や保育園でいないわが子!!
どう過ごそうか?と考える方も
たくさんにいらっしゃるのでは
ないでしょうか!?

一番の方法は、サマーキャンプを
体験させること!ではないでしょうか。
本人の経験にもなるし、
ママの時間もしっかりとることが出来ます。

または、おじいちゃん、おばあさんの
家へLet,go!!です!
でも、なつやすみにか出来ない
スキンシップもたくさんしてあげてください。
子どもは親との思い出を
たくさん身につけて大きくなっていきます。

忘れていることも多いですが
その時のふとした感情や感覚を
必ず覚えているものです。
記憶力いい教室の子どもたちは
楽しいその時、その部分を
切り取るように覚えています。

パパとどこで虫を取ったか!
おいしいものを食べたか!
花火をしたか!
などその部分を明確に覚えています。

楽しい思い出たくさん
作ってあげましょう!!


今日の慣用句
「節を全うする」(せつをまっとうする)
意味:最後まで自分の主義・主張を変えることなく守り通すこと
マヤ暦Ⅱ
2009年06月10日 (水) | 編集 |
マヤの人たちが使っていた
ツォルキン暦、太陽暦など
これらの暦は、太陽、星、月、など
天体や宇宙、自然のサイクルに同調していて、
始まりは、春分の日から始まります。

まずは・・・!
・月は太陽の周りを1年間で13回まわる
・月の満ち欠けの回数
・満月の周期は29.53
・太陽の自転周期は28日
などの関係からきているとされています。
このリズムが地球の私たちにも影響
されていることは確かです。
特に女性の周期と同調していますから
女性の方は、お分かりですよね。
もちろん、人が生まれるとき、
死ぬときにも関わるといわれます!

このカレンダーの中には
実は様々な情報がかいてあると
されていて、日本人の方も
解読できる方がいらっしゃるようです。

マヤ暦では長期暦、5125年間の
周期があり、この周期が終わりに近づいています。
これが、2012年12月とされ、
この冬至は、銀河の中心、太陽、地球が
一直線に並ぶ日でもあります。

そしてまた春分の日から
長期暦が始まるのです!
なんか不思議ですね!

何が起こるかは、想像にお任せするとして
人は未来の不安をぬぐいきれないものですね!

見えないものはとかく不安がつき物ですが、
はるか昔から人々は、そうして
何かの手がかりを見つけて
安定をはかっていたのですよね!!

まさに、人間がなせる業なのかも知れません。
まだまだ、私たちの知らないことが
世の中にはたくさんあるようですよ!!


今日の慣用句
「六日の菖蒲十日の菊」
意味:時期に遅れて役にたたないこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。